司法書士ができること
少額の事故被害にメリットがある

「司法書士」という選択

「司法書士」と「弁護士」。

交通事故の被害者にとって、両者は何が違うのでしょうか。

司法書士※も弁護士と同じように、被害者の代理人として示談交渉することが可能です。

ただ、交渉できる金額に上限(140万円)が設けられている、それが1番の違いです。

では、司法書士を代理人にするメリットがあるのはどんな場合でしょうか。

1つは、交通事故によるケガが擦り傷や捻挫程度で、通院が数日しかなかった場合

このような被害者の方は、賠償金額が140万円以下(人損・物損合わせて)になるケースが大半なので、司法書士に依頼する方が、結果的に費用が安く済む傾向にあります。

賠償金が140万円を超える目安として、「治療に数ヶ月かかるケガ」「後遺症が残るケガ」の被害者の方は、司法書士ではなく弁護士を代理人にしましょう。

もう1つは、物損事故の場合

物損の具体的な損害といえば「車の修理費」や「代車費用」などが挙げられますが、どの程度の金額が妥当なのか、一般のドライバーにはわからないものです。

たとえ修理費が数万円であっても、加害者に全額支払ってもらいたい。

そんなときこそ司法書士の出番です。

物損事故に詳しい司法書士に依頼すれば、修理箇所や車種に妥当な修理費を請求することが可能です。

物損の示談交渉は数ヶ月かかることもあるため、司法書士に依頼すれば、精神的な負担からも解放されます。

※簡裁訴訟代理等関係業務の認定を受けた認定司法書士

少額であっても専門性が高い物損事故

人身事故に比べ、物損の損害は低額なことが多いですが、実はその内容はかなり複雑。

修理可能な破損(分損)なのか、買い替えが必要な破損(全損)なのか。

代車費用はどこまで補償されるのか。

車両の評価損はどうなるのか、などなど。

相手の保険会社が提示してくる金額が妥当なのか、補償内容は適正なのか、自動車の専門知識がない人には判断がつきません。

たとえ被害額が少なくても、専門的な知識がなければ妥当な賠償金が得られない

それが物損事故。

経験豊富な司法書士に依頼すれば、修理工場と連携して適正な賠償金額を算出し、被害者の方に代わって示談交渉を行ってくれます。

専門家に聞いてみた!司法書士1問1答

司法書士に相談するタイミングはいつ?

「事故直後」から「示談成立前」まで

ミスターリードの
かんたん解説
示談が成立してしまうと、司法書士が代理人になっても賠償内容を覆すことは難しいです。
物損事故の場合は、事故時に損害が確定していることが多いため、事故直後からでも依頼可能です。

「物損被害」って具体的に何?

車の修理費、レッカー費用、修理している期間の代車使用料、修理による評価損、休車損害(営業車の場合)など

ミスターリードの
かんたん解説
車の修理費用は、司法書士が修理工場に連絡・連携しながら、適切な費用を加害者の保険会社と交渉していきます。

弁護士費用特約は司法書士にも使える?

はい、使えます

ミスターリードの
かんたん解説
司法書士にも使える場合がほとんどですが、事前に保険会社の承認を得る必要があることも多いようです。
契約している保険の内容を一度確認してみましょう。

これから司法書士へ相談するあなたへ

ミスターリードがご提案する司法書士に、賢く相談するためにチェックしておきたいページをまとめました!

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断