行政書士への相談前に準備しておくといいモノ

まずは自分の状況を整理
行政書士は、あなたの手続きの「代行」作業をしてくれます。相談する前に、今の被害状況や通院状況などを、自分なりに整理してみましょう。
後遺症が残っている方は、後遺障害の等級申請の手続きについても依頼することができます。
  1. 行政書士に相談する前に確認すること
  2. 行政書士に相談するときに手元にあるといいモノ

行政書士に相談する前に確認すること

ミスターリードがご案内する行政書士事務所にご相談する前に、以下の内容をご確認いただくことで、スムーズに手続きを行うことができます。

  • 加害者の自賠責保険会社
  • 後遺障害診断書

など

それぞれについて、以下で詳しく説明します。

確認する前に問合せすることもできるので、ご安心ください。

加害者の自賠責保険会社

行政書士は、あなたに代わって自賠責保険の請求手続きを行います

加害者の自賠責保険会社がどこなのか、確認しましょう。

加害者本人と連絡が取れない場合は、「事故証明書(交通事故証明書)」を確認すればわかります。

事故証明書は、自動車安全運転センターの各都道府県事務所が発行業務を行っています。

申請以外に、郵送、インターネットでも申請ができます。

また、自賠責保険は「人身被害(ケガや死亡)」の損害部分のみを請求することができます。

「物損被害」は請求することができないので注意しましょう。

事故証明書で物損(物件)事故扱いになっていると、自賠責保険の請求はできません

詳しくは、「あなたの交通事故は「人身事故」扱いになっている?確認方法と変更の手続きアレコレ」を確認しましょう。

なお、被害者自身の自賠責保険から保険金は受け取れません。

後遺障害診断書

後遺症が残るケガがある場合には、後遺障害の等級申請も同時に依頼することができます。

後遺障害の申請には、通常の診断書とは別に「後遺障害診断書」が必要です。

既に、主治医から後遺障害診断書を書いてもらっている場合には、手元に準備しておくといいでしょう。

まだ書いてもらっていなくても、行政書士に相談することができるので、安心してください。

行政書士に相談するときに手元にあるといいモノ

無料相談の際には、手元に以下のものがあると便利です。

  • これまでの通院履歴がわかる(領収書など)
  • 後遺障害診断書(後遺症が残る方)
  • 事故証明書(交通事故証明書)
  • メモできるもの

加害者が任意保険に未加入の場合は、自賠責保険の保険料を受取るために、被害者の方と行政書士が協力しながら資料を収集する必要があります。

事故の状況や、ケガの状況によって対策が変わってくるため、上記のもの以外にもご自身の状況を説明できる書類を準備しておくとスムーズです。

ここに注目!

相談時にすべての書類が揃っていなくでも、行政書士が必要に応じでアドバイスしてくれます。ケガを負っている場合は、通院履歴がわかるものを用意しておくと便利です。

ミスターリードの交通事故診断では、7つの質問に答えるだけであなたに最適な専門家をご案内します。

ミスターリードの交通事故診断

これから行政書士へ相談するあなたへ

ミスターリードがご提案する行政書士に、賢く相談するためにチェックしておきたいページをまとめました!

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断