行政書士選びのポイント

交通事故に精通した行政書士に
行政書士は「手続きのプロ」と言われることがありますが、交通事故の手続きを経験したことがあるかどうかを、必ず確認しましょう。
行政書士は、「示談交渉」をすることはできないので注意しましょう!
  1. 行政書士に依頼できるのは「手続き」
  2. 交通事故に対応してくれる行政書士を選ぶ

行政書士に依頼できるのは「手続き」

行政書士は、弁護士や認定司法書士のように、交通事故の示談交渉を行うことはできません。

行政書士ができるのは、「手続き」の代行です。

交通事故では自賠責保険の請求手続きが挙げられます。

ミスターリードがご案内する行政書士は、自賠責保険の請求手続きを代行してくれます。

交通事故の加害者が、任意保険に未加入だった場合には、行政書士に依頼して自賠責保険の請求手続きをしてもらうことをオススメします。

自賠責保険の請求は、加害者の同意なく進めることができます。

行政書士に依頼すれば、早く保険金を受け取ることにもつながります。

交通事故に対応してくれる行政書士を選ぶ

行政書士が扱える業務は、数千種類とも言われますが、交通事故も取り扱ったことがあるとは限りません。

行政書士に依頼する際には、交通事故の実績があるかどうかを必ず確認しましょう。

交通事故によるケガで後遺症が残っている場合には、後遺障害の等級申請も同時に行う必要があります。

ミスターリードがご案内する行政書士は、基本的な自賠責保険の請求手続はもちろん、後遺障害の等級申請も代行してくれます。

自賠責保険の請求手続きを行政書士に任せれば、被害者の方は、今後の生活再建に専念できます。

ここに注目!

加害者が任意保険に未加入だった場合は、自賠責保険の請求手続きは行政書士に代行してもらうことをオススメします。
後遺症が残るケガを負っている場合には、後遺障害の申請も代行してもらえますよ。

ミスターリードの交通事故診断なら、7つの質問に答えるだけで、あなたに適した専門家をご案内します。

ミスターリードの交通事故診断

これから行政書士へ相談するあなたへ

ミスターリードがご提案する行政書士に、賢く相談するためにチェックしておきたいページをまとめました!

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断