過失割合に納得いかない。過失を覆すにはどうすればいい?

過失割合とは?
交通事故でどちらがどれだけ悪かったか、という割合です。
過失割合は警察が決めるわけではなく、示談交渉で当事者(保険会社や弁護士)が話し合って決めます。
お互いが運転中であったときは、主張が異なることが多く、過失割合を決めるのが難しくなります。自分を信じて、過失割合に納得いかなければ徹底的に再検証してください。
証拠を揃えて示談交渉をすると、過失の修正が認められることがあります。

交通事故の過失割合は誰が決める?

すでに相手保険会社から過失割合を伝えられている事故被害者の方もいるのではないでしょうか?

相手の保険会社は、過失割合を「決定する」ことはできません。保険会社は、警察の事故証明書などをもとに過失割合を「提示」しているにすぎません。

保険会社が提示する過失割合に、あなたが「合意」してはじめて、過失割合が決まります

警察が過失割合の決定に関わると思っている方もいるかもしれませんが、それは違います。

警察は現場に駆けつけ、事故状況を検証し事故証明書を発行しますが、「どちらがどれだけ悪い」というお互いの過失に関しては関与しません。

交通事故の慰謝料や過失割合は民事に関わる部分のため、警察は「民事不介入」という観点から過失割合を決めることができません。

過失割合はどうやって決まる?

過失割合は、示談交渉などで、事故の状況と過去の事故判例を照らし合わせながら判断していきます。

過去の判例は、「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(判例タイムズ社刊)に掲載されており、保険会社・弁護士・裁判所はいずれもこれに従っています。

ただし、判例と照らし合わせても100%同じ条件の事故はほとんどありません。

例えば「出会い頭事故」ひとつとっても、さまざまな判例が存在します。

そのため、似た事故の判例をいくつか照らし合わせて納得のいく過失を判断していきます。

過失割合の決定方法について詳しくは「過失割合は誰が決める?正しい決め方を知らないと慰謝料で損をするって本当?」のコラムもご覧ください。

専門的な資料や判断が必要なため、事故の当事者自身では「過失割合に納得できない」と思っても、過失が何対何だったら正しいのかまで判断することはとても難しいです。

自分の過失が正しいかわからないときは、保険会社の提示内容をもとに弁護士に相談してみてはいかがでしょうか?

診断を行い、弁護士に相談する

被害者にも過失がつくのはナゼ?

過失割合に納得できずにいる人の中には、「自分に過失がついていること自体が納得できない」という人もいると思います。

交通事故の過失割合では、車やバイクの事故でお互いが走行中だった場合は両者に過失がつきやすくなっています。

これは、「事故を予測できたのではないか」、「事故を回避できたのではないか」といった注意義務(安全運転義務)に欠けている部分が事故被害者にもあったと判断されるためです。

加害者側に悪質な運転(信号無視)などがあった場合は、お互いが走行中でも被害者には過失がつかない可能性が高くなります。

また、歩行者にも注意義務はあるため、注意義務が不足していたと判断されるような行動があった場合には、過失がつくことがあります。

納得いかない場合は?

加害者の保険会社は、加害者の立場で過失割合を判断することが多いです。

そのため、被害者の立場から見ると、納得のできない過失割合が提示されることもあります。

保険会社が提示する過失割合に納得いかなければ、徹底的に再検証しましょう。

再検証する際に、必要なものは以下です。

再検証するときに、チェックするもの

  • 事故現場やケガの状態などの写真
  • 目撃者の証言
  • 防犯カメラの記録
  • 実況見分調書、供述調書 など

過失割合を覆すためには、上記の証拠を的確に分析し、過去の事故の過失割合と比べる必要があります

加害者に信号無視スピード違反などの違反行為があると、過去の事故判例よりも相手方の過失が高くなる場合があります。

信号の状況、走行速度が正しいかどうかも、もう一度確認をしてみましょう。

必要な証拠を揃え、適正な過失割合にするためには、弁護士に力を借りるとスムーズです。

例えば、防犯カメラの記録を個人で入手することは難しいですが、弁護士に依頼することで、入手できる可能性が高くなります。

また、過失割合を交渉する場合、保険会社とのやり取りが何度も行われ、想像以上にストレスがかかるものです。

弁護士に交渉を代行してもらうことで、そのようなストレスからも解放されます。
→ミスターリードの交通事故診断から弁護士に相談する

過失割合の悩みを弁護士に相談するメリットは、「交通事故の過失割合に納得がいかない!弁護士に依頼するとどうなる?」でご紹介しています。

一度示談をすると、後から過失割合を覆すことは難しいので、早めに相談するようにしましょう。

過失割合が変わるとどうなる?

過失割合は、交通事故被害で受け取る賠償金の金額に大きな影響があります。

一言にまとめると、自分の過失が増えれば受取額は減り、過失が減れば受取額は増えます

交通事故の賠償金は、過失相殺というものが行われ、過失に応じて賠償金額が減額されて被害者に支払われます。

例えば、賠償金が100万円の場合、被害者の過失が10%なら1割減額されて90万円。

過失が20%なら2割減額されて80万円となります。

納得のいく賠償金を受け取るためには、慰謝料だけでなく過失割合もきちんと交渉する必要があるのです。

ここに注目!

過失割合は、保険会社が一方的に決めるものではありません。過失割合は慰謝料などにも大きく影響するため、納得がいかない場合は示談してはいけません

過失割合の交渉は、事故を再検証し詳細な分析を必要とする場合もあります。納得できる過失割合になるよう、弁護士の力を借りて立証していきましょう。

過失割合が適正かどうか判断してくれる、あなたに適した弁護士をご案内することができます。まずは、あなたの被害状況を教えてください。

ミスターリードの交通事故診断から弁護士に相談する

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ