過失割合に納得いかないなら再検証!

過失割合とは?
交通事故でどちらがどれだけ悪かったか、という割合です。
過失割合は警察が決めるわけではなく、示談交渉においては当事者(保険会社や弁護士)が話し合って決めます。
お互いが運転中であったときは、過失割合を決めるのが難しくなります。自分を信じて、過失割合に納得いかなければ徹底的に再検証してください。
証拠がそろえば加害者・被害者が逆転するケースもあります。

交通事故の過失割合は誰が決める?

加害者側の保険会社は、過失割合を「決定する」ことはできません。保険会社は、警察の事故証明書などをもとに過失割合を「提示」しているにすぎません。

保険会社が提示する過失割合に、被害者が「合意」してはじめて、過失割合が決まります

警察は現場に駆けつけ、事故状況を検証し事故証明書を発行しますが、「どちらがどれだけ悪い」という部分に関しては関与しません。

ここは民事に関わる部分のため、警察は「民事不介入」という観点から過失割合を決めることができません。

どうやって決まる?

過去の事故判例と照らし合わせて判断します。
保険会社・弁護士・裁判所のいずれも「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(判例タイムズ社刊)に従っています。

ただし、判例と照らし合わせても100%同じ条件の事故はほとんどありません。
例えば「出会い頭事故」ひとつとっても、さまざまな判例が存在します。

そのため、似た事故の判例をいくつか照らし合わせて判断していきます。

納得いかない場合は?

保険会社が提示する過失割合に納得いかなければ、徹底的に再検証しましょう。
再検証する際に、必要なものは以下です。

再検証するときに、チェックするもの

  • 事故現場やケガの状態などの写真
  • 目撃者の証言
  • 防犯カメラの記録
  • 実況見分調書、供述調書 など

過失割合を覆すためには、上記の証拠を的確に分析し、過去の事故の過失割合と比べる必要があります。特に、防犯カメラの記録は、個人では入手することが難しい場合が多いです。

必要な証拠を揃え、適正な過失割合にするためには、弁護士の力を借りるとスムーズに進むでしょう。

また、過失割合を交渉する場合、保険会社とのやり取りは複数回におよび、想像以上にストレスがかかるものです。弁護士に交渉を代行してもらうことで、そのようなストレスからも解放されます。
→Mr.リードから弁護士に相談する

なお、一度示談をしてしまうと、後から過失割合を覆すことは難しいです。

ここに注目!

過失割合は、保険会社が一方的に決めるものではありません。過失割合は慰謝料などにも大きく影響するため、納得がいかない場合は示談してはいけません

過失割合の交渉は、事故を再検証し詳細な分析を必要とする場合もあります。納得できる過失割合になるよう、弁護士の力を借りて立証していきましょう。

過失割合が適正かどうか判断してくれる、あなたに適した弁護士をご案内することができます。まずは、あなたの被害状況を教えてください。

被害状況を診断して、最適な弁護士を探す

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?