過失割合に納得いかない

過失割合とは?
交通事故でどちらがどれだけ悪かったか、という割合です。
過失割合は警察が決めるわけではなく、示談交渉においては当事者(保険会社や弁護士)が話し合って決めます。
お互いが運転中であったときは、過失割合を決めるのが難しくなります。自分を信じて、過失割合に納得いかなければ徹底的に再検証してください。
証拠がそろえば加害者・被害者が逆転するケースもあります。

交通事故の過失割合は誰が決める?

事故に遭ったら、まず警察へ連絡します。

警察は現場に駆けつけ、事故状況を検証し事故証明書を発行しますが、「どちらがどれだけ悪い」という部分に関しては関与しません。ここは民事に関わる部分のため、警察は「民事不介入」という観点から過失割合を決めることができません。

また、加害者側の保険会社も過失割合を「決定する」ことはできません。保険会社は、警察の事故証明書などをもとに過失割合を「提示」しているにすぎません。保険会社が提示する過失割合に、被害者が「合意」してはじめて、過失割合が決まります。

どうやって決まる?

過去の事故判例と照らし合わせて判断します。
保険会社・弁護士・裁判所のいずれも「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(判例タイムズ社刊)に従っています。

ただし、判例と照らし合わせても100%同じ条件であることはないため、似たものを探して判断します。

納得いかない場合は?

保険会社が提示する過失割合に納得いかなければ、徹底的に再検証しましょう。また、事故現場やケガの状態などを写真に撮って証拠として残しておくと有効です。

どのような証拠が正しい過失割合の判断に必要か、弁護士の力を借りるとスムーズに進むでしょう。

過失割合を交渉する場合、保険会社とのやり取りは複数回におよび、想像以上にストレスがかかるものです。弁護士に交渉を代行してもらうことで、そのようなストレスからも解放されます。

なお、納得のいかない状態で示談をしてしまうと、後から過失割合を再検証し、主張することができなくなるので注意してください。

ここに注目!

過失割合は、保険会社が一方的に決めるものではありません。過失割合は慰謝料などにも大きく影響するため、納得がいかない場合は示談してはいけません

過失割合の交渉は、事故を再検証し詳細な分析を必要とする場合もあります。納得できる過失割合になるよう、弁護士の力を借りて立証していきましょう。

過失割合が適正かどうか判断してくれる、あなたに適した弁護士をご案内することができます。まずは、あなたの被害状況を教えてください。

被害状況を診断して、最適な弁護士を探す

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

事故発生から解決までの流れ

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

交通事故被害の解決診断 あなたに合ったベストな対策を診断します 診断する(無料)