内払い、仮渡金、慰謝料の前払い

示談前に保険会社からお金を受け取る方法

交通事故の示談金は、通常、示談が成立した後に支払われます。交通事故から示談成立までは長い場合だと1年以上かかるため、示談までのお金のやりくりに苦労する方も多いです。
このような際は、治療費や慰謝料、休業損害などの一部を相手の保険会社から先に支払ってもらう(内払い)、自賠責保険から給付を受ける(仮渡金)などの制度を利用しましょう。

内払い金を受け取る方法

  • 内払いは任意保険と交渉
  • 合計120万円まで何度でも可能!

示談が成立する前に補償を受け取りたい場合、相手保険会社に交渉をすることで、示談金の一部を先に支払ってもらえることがあります。

これを内払いと言います。

たとえば、仕事の欠勤が続いて収入がなくなってしまった場合に、先に休業損害を受け取る方などがいらっしゃいます。

内払いを希望できるのは人身事故の場合だけで、物損事故や死亡事故では支払われません。

内払いに受け取った金額は、既払い金として示談成立時に差し引かれます。

ミスターリードの
かんたん解説
治療費、入院雑費、休業損害などの損害額が10万円を超えていれば何度でも内払いを請求できますが、合計120万円までと決まっています。
また、請求の際には、文書料がかかりますので、ある程度まとめて請求したほうがよいでしょう。

保険会社に内払いを拒否されることも

内払は保険会社が任意で行っているサービスです。

そのため、保険会社から支払いを拒否されることもあります。

特に、つぎのようなケースで拒否される可能性が高まります。

内払いを拒否されるケース

  • 過失割合で争いがある場合
  • 保険会社が一方的に治療を打ち切った場合
  • 加害者が任意保険の使用を拒否した場合
  • 保険会社が整骨院への通院を認めていない場合

ミスターリードからあなたへ

内払金を請求するデメリットはありませんので、示談までの生活を考え、有効的に使っていきましょう。

入院や通院で書類の準備をする時間がない人は、内払いを請求するために弁護士などの専門家に相談しても問題ありませんよ。

交通事故診断から
内払いの相談をする

仮渡金の金額

  • 自賠責保険に1回だけ請求可能
  • 状況により5万円〜290万円
軽傷
(11日以上の医師の治療が必要な場合)
受傷者1人につき5万円
骨折以上の重傷 受傷者1人につき20万円もしくは40万円
死亡事故 死亡事故1人につき290万円

内払いが認められなかった場合、加害者が任意保険に未加入だった場合などは、自賠責保険の仮渡金という制度を利用して先に支払いを受けることができます

仮渡金は内払いのように拒否されることは基本的にはなく、請求から支払いまで約1週間です。

ただし、請求できるのは1度だけで金額は上記のように決まっています。

示談が成立したら、示談金額から仮渡金の金額が差し引かれます。

ミスターリードからあなたへ

仮渡金は内払金に比べて金額は少ないですが、拒否されることがなく、受け取りまであまり時間がかからない点がメリットです。
受け取ることでお金の心配が軽減されるなら、利用したほうがいいでしょう。

傷害分だけ先に示談できる?

  • 傷害分と後遺障害分を分けて示談
  • 保険会社が認めれば可能!

後遺症が残った場合、後遺障害等級の認定と示談交渉だけで1年程度時間がかかってしまうこともあります。

このようなケースでは、休業損害や入通院慰謝料など、傷害分の示談金は金額を決められる状況なのに放置していることになります。

傷害分と後遺障害分を分けて示談することを検討しましょう

保険会社が認めてくれれば、先に傷害分だけで示談交渉をし、休業損害や入通院慰謝料を受け取れる可能性があります。

2回に分けて示談交渉をしても示談金額が下がるなどのデメリットはありませんのでご安心ください。

ミスターリードからあなたへ

2回に分けて示談したほうが良いケースでは、慰謝料が高額になるケースも多いです。

示談の分割、後遺障害の等級申請、示談交渉をまとめて弁護士に相談すれば、示談金の受け取りまでスムーズに進められますよ。

まとめ

交通事故後は収入が不安定になったり、予定外の出費が続いたりすることも多いです。内払いや仮渡金などの制度を活用して、示談までのお金のやりくりに困ることがないようにしましょうね

交通事故で生活費が支払えない!示談までのお金の悩みを解決する方法」でも内払いなどをご説明していますので、気になる方は合わせてご覧ください。

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ