休業損害(仕事を休んだ補償)

交通事故が原因で収入が減った場合
交通事故で減った収入を請求

交通事故でケガをすると、入院や通院などの治療、精神的な疲れや体調不良などでの欠勤、遅刻、早退をすることがあります。仕事を休むと収入が減り、頻繁に休んだり長期の欠勤になったりすると、生活費も心配です。
このように交通事故が原因で収入が減ってしまった場合には休業損害を請求することができます。

  1. 休業損害とは?
  2. 休業損害の計算方法
  3. 休業損害はいつ支払われる?

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

休業損害とは?

  • 欠勤などによる収入減の補償
  • 主婦や学生が請求できることもある
  • 対象期間は、事故から治療終了まで
事故による欠勤時の収入減

休業損害は、交通事故が原因で働けずに失った収入のことです。

事故で仕事を休んで会社の給料やボーナスが減った、または支給されなかった場合などが当てはまります。

つまり、交通事故にさえ遭わなければ得られていたはずの収入といえます。

ミスターリードの
かんたん解説
休業損害と似た言葉で「休業補償」というものがあります。休業補償は、労災保険で給付される収入の補償です。労災は通勤途中や仕事中の交通事故で請求することができます。
ただし、休業補償と休業損害を二重で受け取ることはできません。

休業損害を請求できる職業は?

休業損害を請求できる職業の種類

会社員、会社経営者、自営業など収入がある方は、交通事故が原因の収入減があれば休業損害を請求できます。

また、ケガで家事ができなかった専業主婦の方、アルバイトを休んだ学生なども休業損害の請求が可能です。

専業主婦の場合、家事ができなくても収入に変わりはありませんが、家事への影響も収入減と同じ損害だと考えられています。

休業損害が支払われる期間は?

治療中と後遺障害認定後のそれぞれの補償の種類

休業損害として請求できるのは、交通事故にあった日から、治療の終了(症状固定または完治)までの期間にあった収入減に対してです。

治療の終了後も収入減が続く場合、後遺障害等級の認定を受けていれば、逸失利益(将来の収入減の補償)を請求できることがあります。

ミスターリードからあなたへ

欠勤で減った収入は相手保険会社に請求できますので、「収入が減るのが嫌だから無理して仕事をする」のではなく、「ケガの治療を優先する」ことを大切にしましょう。

つぎは、休業損害の計算方法をご説明します。

休業損害の計算方法

  • 計算方法には3つの基準がある
  • 一番高額なのは裁判基準
  • 裁判基準を請求するなら示談交渉が必要
慰謝料の金額の基準

休業損害は、減収分がそのまま支払われるわけではありません。

金額を決める3つの基準があり、どの基準で計算するかで金額が変わります。

自賠責基準は、自賠責保険で決められた基準で、金額は一番低く、最低限の補償と言われています。

任意保険基準は、保険会社が独自に決めた金額です。

裁判基準は、過去の裁判例をもとにした基準で、一番高額です。

それぞれの基準の計算方法を確認していきましょう。

自賠責基準

自賠責基準の計算式

自賠責基準では、事故被害者の方の収入などに関係なく、1日仕事を休むと6,100円の休業損害が支払われます(2020年3月31日までに発生した交通事故の場合は1日あたり5,700円となります)。

任意保険基準

任意保険基準は、保険会社ごとに金額が異なるため、具体的な計算式などはありません。

自賠責基準よりやや高い金額のことが多く、裁判基準より低いです。

裁判基準

裁判基準の計算式

計算のポイント

  • 残業代や手当は収入に含んでOK!
  • 賞与は含まない。影響が出てる場合は別で計算。
  • 賞与、昇級、退職金がある場合は別途協議する。
  • 有給休暇を使用した日も休業損害として請求可能。

裁判基準の休業損害は、事故被害者の方の収入で金額が異なります

収入は、勤務先が発行する「事故直近3ヶ月の給与明細」や「休業損害証明書」、「事故前年の源泉徴収票」をもとに計算します。

入院、通院で会社を休んだ日は原則としてすべて休業日数にカウントされ、医師の指示で自宅療養をしていた場合は、その期間も休業日数に含めて計算することができます。

ただし、受傷した内容や仕事によって休業日数の計算が変わることもあり、休んだ日数がそのまま休業日数となるとは限りません。

ミスターリードの
かんたん解説
事故被害者の方の収入をもとに休業損害を計算するのは裁判基準のみ。
裁判基準の休業損害を受け取るためには、保険会社との示談交渉を行う必要があります。

事業所得者の裁判基準での計算方法

事業所得者の裁判基準での計算式

計算のポイント

  • 収入の証明ができない場合は「賃金センサス」を使用
  • 事業継続のために必要な固定費も損害として認められる。

事業所得者はこちらの計算式を使用します。

事業によって固定費(賃料、給与など)の考え方が違ったり、事業の規模や形態が異なったりすることから保険会社とトラブルになるケースも多いです。

そのほかの職業も、職業によって休業損害の計算方法が変わります。

主婦の方、学生の方の計算方法は、下記のページでご説明しています。

より詳しく知りたい方はこちら

休業損害を計算してみましょう

39歳・男性・会社員・事故前3ヶ月間の収入99万円・休業日数40日
55歳・男性・自営業・前年1年間の申告所得850万円・休業日数30日

会社員、会社役員それぞれで、自賠責基準と裁判基準の休業損害を計算しました。

Aさんの場合で約2倍、Oさんの場合で約4倍、裁判基準のほうが高額になりました。

収入が多い方ほど、自賠責基準と裁判基準で金額差は大きくなりがちです

ミスターリードからあなたへ

裁判基準だと休業損害がいくら認められるか、どのように示談交渉すればいいのかなどは、弁護士などの専門家に相談してご確認ください。

交通事故診断を行い、
弁護士に相談する

休業損害はいつ支払われる?

  • 支払いは毎月または最後にまとめて請求
  • 会社員は休業損害証明書が必要
休業損害を受け取るタイミング

事故の相手方が任意保険に加入している場合、相手保険会社に休業損害を請求します。

受け取るタイミングは、損害に応じて毎月受け取る場合と、治療終了後にまとめて受け取る場合があります

毎月受け取る場合、保険会社からは任意保険基準の休業損害が支払われますので、裁判基準の休業損害を受け取りたい場合は、治療の終了後に差額を請求することになります。

相手方が任意保険に未加入の場合は、自賠責保険に対して請求し、自賠責基準の休業損害が支払われます。

また、休業損害を請求する際に、会社員の場合は休業損害証明書、自営業の場合は確定申告書などが必要となります。

休業損害証明書とは?

休業損害証明書の見本

こちらは、休業損害証明書の見本です。

書類は加害者の保険会社からもらうことができます。

記入するのは事故被害者ではなく、会社の労務担当者です。

作成してもらったら、記載内容を確認し、保険会社に提出します。

書き方はつぎのページでご紹介していますので、必要に応じて労務担当者の方にお見せください。

より詳しく知りたい方はこちら

ミスターリードからあなたへ

何ヶ月も収入減が続くと日常生活にも大きく影響すると思いますので、相手保険会社に支払い方法を相談してみましょう。

毎月受け取れない場合は、内払いや仮渡金の請求を検討してもいいかもしれません。

まとめ

収入減は、交通事故によってあなたに起きてしまった実害です。
そのため、裁判基準の休業損害が支払われるべきなのですが、保険会社はかんたんには支払いを認めてくれません

休業損害の増額を目指すなら弁護士など専門家に相談して示談交渉を進めましょう。

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ