自賠責保険・任意保険・健康保険・労災保険

交通事故のさまざまな保険
交通事故の保険とは?

自賠責保険、任意保険、労災保険、健康保険…、交通事故にあうと、ケガの治療や慰謝料の支払いなどでさまざまな保険が関係してきます。使用する保険は事故の状況などで異なり、相手方がどの保険に加入しているかで手続きが異なり、慰謝料の金額も変わってきます。
保険の種類や違いなどを確認していきましょう。

  1. 自賠責保険と任意保険の違い
  2. 労災保険を使用できるケース
  3. 交通事故で健康保険は使える?
  4. 自分の自動車保険はどう使う?

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

自賠責保険と任意保険の違い

  • 賠償金は相手の保険から支払われる
  • 自賠責保険には限度額がある
  • 任意保険は未加入のこともある
自賠責保険 任意保険
加入 必須 任意
保険金の支払い相手 事故の相手 事故の相手、契約者、同乗者(契約内容による)
使用できる時 人身事故 人身事故、物損事故、自損事故(契約内容による)
支払い金額 限度額120万円(ケガのみの場合) 無制限が多い(契約内容による)

自動車の免許を持っていないと、自賠責保険や任意保険に触れる機会もほとんどありません。

そこで、自賠責保険と任意保険の違いを4点ピックアップし、上の表にまとめました。

自賠責保険は、すべてのドライバーに加入が義務づけられている保険で、任意保険は自賠責保険にプラスして自主的に加入します。

自賠責保険は「保険金が支払われるケースが限られる」、「金額に上限がある」など、事故の備えとして不十分なことも多いです。

そのため、ドライバーの約3/4が任意保険に加入し、自賠責保険が使えない部分をカバーしています。

賠償金は相手の保険に請求

自賠責保険と任意保険の流れの違い

交通事故でケガをした際は、基本的に相手が加入する保険から治療費や慰謝料など賠償金の支払いを受けます。

相手が自賠責保険だけに加入しているなら、相手方もしくはあなたが自賠責保険に請求して賠償金を受け取ります。

任意保険にも加入していれば、保険会社の担当者とやりとりをし、示談交渉を行って賠償金額が決めていきます

この場合、事故の当事者が自賠責保険に請求することは基本的にありません。

任意保険から自賠責保険に任意保険分を足した賠償金が支払われます。

なお、ご自身でも任意保険に加入している場合は、相手方への請求とは別で保険金が支払われるケースもあります(後ほど、「自分の自動車保険はどう使う?」で詳しくご説明しています)。

ミスターリードの
かんたん解説
交通事故の賠償金では、事故の相手が任意保険に加入しているかどうかがとても重要です。
その後の対応が変わり、受け取る賠償金の金額が違ってくる可能性があります。

ミスターリードからあなたへ

自賠責保険は、それだけでは不十分なことも多く、最低限の補償とも言われています。自賠責保険で限度額を超えた慰謝料などは加害者に直接請求できますが、金額や相手の金銭事情によっては支払ってもらえないことも多いです。
任意保険にも問題点はありますが、自賠責保険だけの場合よりは、十分な補償を受けられるでしょう。

より詳しく知りたい方はこちら

労災保険を使用できるケース

  • 仕事中の事故は労災保険も使用可能
  • 労災保険と自賠責保険の二重請求はNG
労災保険を使用できる場合

仕事中に交通事故にあった場合は、労災保険を使用することもできます

出勤途中や帰宅途中の事故でも使用可能ですが、お昼休みの外出や、帰宅途中で寄り道などをしていた場合は、請求できない可能性があります。

また、正社員だけでなく、パート主婦や学生のアルバイトでも労災保険を使用可能ですが、経営者会社役員は労災保険が使えないこともあります。

ミスターリードの
かんたん解説
労災保険と自賠責保険への二重請求はできません。そのため、仕事中の事故で必ず労災保険を使うとは限りません。
相手が任意保険に未加入、または自賠責保険にも加入していない場合などは、労災保険を使用するメリットが大きいことが多いです。

ミスターリードからあなたへ

労災保険を使えるケースでは、相手の保険の加入状況などを確認したうえで、相手の保険と労災のどちらから補償を受け取るのがいいか、検討しましょう。
ご説明した以外でも、労災保険のほうが大きなメリットがあるケースもあります。下記のページで詳しくご説明していますので、気になる方はご覧ください。

より詳しく知りたい方はこちら

交通事故で健康保険は使える?

  • 普段の通院と同じように使えます
  • 病院と整骨院、両方での使用はNG
交通事故の治療費は健康保険を使用できる

交通事故によるケガの治療でも、できるだけ健康保険を使いましょう

整形外科や整骨院に通院する際に、健康保険を使用できます。

また、治療費は加害者側が支払ってくれるからといって、健康保険を使わずに自由診療(全額負担)にすることはおすすめできません。

健康保険を使用して通院しないと、最終的に自分が損をするケースもありますので気をつけましょう。

健康保険を使用して通院する際は、健康保険協会に「第三者行為による傷病届」などの書類を提出する必要があります。

ミスターリードの
かんたん解説
健康保険は整形外科でも整骨院でも使用できますが、両方に通院する場合、基本的には片方でしか使用できません。
ただし、健康保険を使用しないほうも、相手保険会社に治療費を請求できますのでご安心ください。

ミスターリードからあなたへ

風邪で病院に行く時と同じように健康保険を使って大丈夫!病院の勘違いなどで「健康保険は使えない」と言われることもあるようですが、それは違いますよ。

つぎは、自分が加入している自動車保険で使用できるものはあるか確認していきましょう。

より詳しく知りたい方はこちら

自分の自動車保険はどう使う?

  • 歩行者の事故で保険が使えることも
  • 弁護士費用特約の使用がおすすめ!
保険の種類 使える時
対人賠償責任保険 自動車などを運転中の事故で自分にも過失があり、相手がケガをしている場合
対物賠償責任保険 自動車などを運転中の事故で自分にも過失があり、相手の車などが損壊している場合
無保険車傷害保険 加害者が自賠責保険にも加入していない場合やひき逃げにあった場合
人身傷害補償保険 過失相殺があった場合、ひき逃げにあった場合、単独事故の場合など
弁護士費用特約 示談交渉や事故後の対応を弁護士などの専門家に相談・依頼する際

交通事故にあった際に使うことがある保険の一部をリストアップしました。

まず、自動車やバイクを運転中の事故で、自分が被害者だとしても、相手がケガをしていれば対人賠償責任保険、相手の車が損壊していれば対物賠償責任を使用することがあります。

また、相手の保険からしっかりと賠償金を受け取れない場合は、無保険車傷害保険人身障害補償保険で、補てんできることがあります。

どちらも、歩行者、自転車で交通事故でも使用できることがあります。

弁護士費用特約は、ご自身では未加入でも、家族が加入していれば使用できるケースが多いです。

費用の自己負担がなくなり、弁護士などの専門家に相談するメリットが高まりますので、家族の加入状況を一度ご確認ください

ミスターリードからあなたへ

自動車保険は、契約時にいろいろな保険に入るため、自分が加入している保険を忘れている人も珍しくありません。交通事故にあった時は、どの保険に加入していたかを確認するようにしましょう。

また、保険を使用すると翌年からの保険料の値上がりを心配する声も聞かれますが、弁護士費用特約などは使っても保険料は変わりませんよ。

まとめ

どの保険から賠償金を受け取り、どの保険を使用すればいいかは交通事故の詳細などで変わることがあります。
その中で、「健康保険を使って治療を受ける」、「弁護士費用特約を使って専門家に相談する」、この2つはほとんどのケースでメリットがあります。

保険はケガをした時、事故にあった時のために入っているものなので、メリットがあるものは積極的に使っていくようにしましょう。

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ