各保険(自賠責保険・任意保険・労災保険・健康保険)について

交通事故の保険とは?
交通事故に備えた保険は、車や自転車にかかる保険、治療に必要な保険などさまざまです。内容によっては、火災保険が使えることもあります。可能性を調べれば、より多くの保証が得られますので、必ず確認してください。

加害者の加入保険はここをチェック!

自賠責保険(強制保険)

加入を義務づけられている保険です。
自賠責保険は最低限の補償しかありません。もし加害者が任意保険に未加入で自賠責保険の補償を超える損害が生じた場合は、加害者本人にその補償を請求することになります。

本人に資力がない場合は、十分な補償が受けられないこともあります。請求できるのは事故発生日から3年以内です。

任意保険(対人賠償保険)

自賠責保険は支払いの限度額が定められている一方、任意保険は、保険会社独自の基準を設けています。

また、自賠責保険ではまかなえない部分を、任意保険の範囲で賠償額の請求ができるため、ある程度の被害を補償してもらうことができます。

保険会社は自社の基準で示談金を提示しますが、この基準よりさらに上の「裁判基準」があるため、この提示に従う必要はありません。

被害者の加入保険はここをチェック!

人身傷害補償保険

過失割合に関係なく、治療費を支払ってくれる保険です。
仮に相手に過失がなく、自分が加害者となった場合でも、自分のケガの治療費として補償されます。

また、加害者が無保険や任意保険未加入で治療費が十分でない場合も補償されます。歩行中や自転車走行中にケガをしたケースも該当することがあります。

無保険車傷害保険

加害者が任意保険に未加入の場合に損害補償として足りない分を請求できる保険です。
加入していても、死亡事故などの大事故の場合、保険金額が被害者の損害額を下回る場合も請求できる場合があります。

また、ひき逃げなどで加害者が特定できない場合にも、被害額を補償してくれる保険です。

弁護士費用特約

自動車に乗っていて衝突された事故のほか、歩行中や自転車走行中に自動車にはねられた事故などの交通事故に遭った場合、加害者側との示談交渉を弁護士に依頼する費用を補償します。

まずは、ご自身の自動車保険に特約が付いていないか確認しましょう。ご自身の保険に付帯されていなくても、同居しているご家族、または別居であってもご両親の保険に付帯されていれば、利用することができます。火災保険なども使える可能性があるので、よく確認しましょう。

補償される金額には上限がありますが、ほとんどの事故の範囲で適用されます。特約の使用に回数制限はありません。また、この特約を使うことで自動車保険の等級に影響がでることはありません。事故にあったら弁護士に代理人になってもらい、示談交渉を有利に進めてもらいましょう。

健康保険

交通事故のケガでも健康保険が使えます。
自己負担分の3割を加害者に請求することができます。一部の医療機関では「使えない」と言われることもあるようですが、「酒酔い運転」や「無免許運転」などの悪質なケースを除いては使うことができます。

また、労災保険が適用される場合は、労災保険が優先されるため、健康保険が使えない場合があります。

労災保険(労働者災害補償保険)

原則として、業務中や通勤途中で起きた事故が対象です。

ただし、外注や請け負い業務、また社長や役員などの方は対象にならないことがあります。

また、重い後遺障害や死亡事故などは、障害年金や遺族年金が支払われる場合もあります。保険の適用範囲や年金について、加入者や事故状況によって異なります。

ここに注目!

被害者の場合、特に重要なのが「弁護士費用特約」です。

加入しているにも関わらず、気が付かなかったり、使わないでいることが多いようです。これまで支払ってきた保険料を無駄にしないために、小さな事故でも必ず使ってください。

この特約を利用すれば、費用を気にすることなく示談交渉を弁護士に依頼できます。弁護士に依頼すると、賠償額が増額されたり、面倒な手続きを弁護士に一任できるなど、メリットがたくさんあります。

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する