事故のケガなどが影響した減給や失業

交通事故の影響で収入が減ってしまったら?

ケガでしばらく仕事を休んだことによって、賞与や昇給が減額された場合、減収分が補償されることがあります。

また、事故のケガによって失業した場合でも、休業損害が認められた例があります。

休業により賞与や昇給が減額された場合

交通事故によるケガの影響で、賞与(ボーナス)が減ってしまったり、昇給が遅れてしまった場合には、その分も加害者に請求するようにしましょう。

具体的には、以下のような場合です。

  • 大切なプロジェクトから外れて期待できるボーナスが得られなかった
  • 昇級のはずが事故で昇級できず給料も据え置きとなった

など

賞与や昇進遅延に対する損害を保険会社に請求するためには、賞与減額証明書などを提出する必要があります。

勤務先の給与規定の基準が明確な場合は、それらの証明書を勤務先の担当者に作成してもらいましょう。

交通事故によって失業した場合

交通事故によるケガの影響で失業した場合、相手の保険会社からは「失業後の収入補償はできない」と言われてしまうことがあります。

被害者の方からしてみれば信じられない言葉ですが、実際に起きていることです。

でも、まだあきらめないでください。

失業した後でも「ケガが完治するまでの期間」や「再就職するための活動期間」も休業期間として損害を認められた裁判があります。

保険会社の対応に不満がある場合には、まずは弁護士に相談してみましょう。

なお、失業などによって生活費の捻出が困難になってしまった場合は、「内払い」や「仮渡金」といった制度で慰謝料の一部を先に受け取ることができます。

詳しくは「交通事故で働けず生活費が支払えない!お金の悩みを解決する方法」をご覧ください。

ここに注目!

交通事故によるケガの影響で、失業したりボーナスが減ってしまった場合には、その分も補償を受けられることがあります。

保険会社から提示される示談金が不当に低額でないか、きちんとチェックしましょう。

自分で判断がつかないときには、すぐに弁護士に相談することをオススメします。

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断