事故のケガなどが影響した減給や失業

ケガの影響で収入が減ってしまったら?

ケガでしばらく仕事を休んだことによって、賞与が減額されたり昇進が遅れた場合、減収分が補償されることがあります。勤務先に「減額証明書」を作成してもらうことで、保険会社に損害として請求できます。

また、事故のケガによって失業した場合でも、休業損害が認められた例があります。

ケガによる影響で、以下のような問題が起きた場合、請求すれば補償される場合があります。

  • 大切なプロジェクトから外れて期待できるボーナスが得られなかった
  • 昇級のはずが事故で昇級できず給料も据え置きとなった
  • 通院のため早退せざるを得なくて減給となった
  • 有給休暇をすべて使い果たし、今後休むとしたら減給になってしまう
  • 後遺障害があり、長く業務ができないため時短勤務となり減給になった
  • 後遺障害によって、事故前と同じ業務が継続できず、別部署の配属になり減給になった

賞与や昇進遅延に対する損害を保険会社に請求するためには、賞与減額証明書などを提出する必要があります。

勤務先の給与規定の基準が明確な場合は、それらの証明書を勤務先の担当者に作成してもらいましょう。

ケガによって失業した場合

ケガの状況によっては、会社を解雇されたり退職に追い込まれるケースがあります。保険会社は、失業した場合の休業損害の支払いに難色を示すことがありますが、絶対に支払われないわけではありません。

退職後でも休業損害が認められた例があるので、交渉の余地があります。過去の判例をもとに交渉していくことになるので、弁護士に依頼する方が良いでしょう。

ここに注目!

ケガによって収入が減った場合、その分も損害として請求できることがあります。証明書を作成するなどの手続きが必要になりますが、勤務先にも協力してもらいきちんとした補償を受けましょう。

失業した場合でも、損害を請求することが可能です。詳しくは弁護士に相談しましょう。

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

事故発生から解決までの流れ

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する