PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

ストレス障害とは?

交通事故の衝撃的な体験によって心に大きな傷を負った結果、不安感やうつ状態、フラッシュバックの症状などが表れることをPTSD(心的外傷後ストレス障害)といいます。

目に見えない「心」の状態を客観的に判断することは難しく、後遺障害としての認定を受けることは容易ではありません。
PTSDと交通事故の因果関係を正しく立証していくことがポイントです。

具体的にはどんな症状?

交通事故によるPTSDの症状は、主に以下のようなものです。

  1. 交通事故での体験やその恐怖が不意によみがえる
  2. 交通事故に関係した物事を思い出せなくなったり、喜怒哀楽の感情が持てなくなる
  3. 精神的な緊張状態が続き、睡眠障害などが起こる

治療方法

上記のような症状が表れたらすぐに、精神科などの専門医を受診しましょう。適切な治療を早期に受けることが、回復への第一歩です。

適切な治療を受けても改善が難しいときは、後遺障害として認定を受けることを考えましょう。

後遺障害として認められるためには

交通事故によるPTSDは上記の①〜③の症状に加え、「死に直面するほどの重症を負った、または同乗者などの死に直面した」という前提が必要です。

また、適切な治療を行い、それが回復するかどうかの判断がきちんとなされているかが重要なポイントとなります。

主観的な心の状態を、客観的に証明していくのは容易なことではありません。裁判所もこの点に関して厳格は判断をすることが多いです。

でも、諦めないでください。状況を正しく立証していくことで、後遺障害「9級」「12級」「14級」が認められることもあります。
弁護士の力を借りて、後遺障害認定の申請をしましょう。

ここに注目!

車や道路を見ると事故にあった時のことを思い出しドキドキする、または車に乗るのも怖くなったなど、事故によって日常生活に支障をきたすことがある場合、後遺障害として認められる可能性があります。

目に見えないものなので、どのように算定するかがとても難しく、自己申告だけではなかなか認められません。後遺障害として認定されるためには、弁護士に相談するのが近道です。

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する