後遺障害(後遺症)の申請方法と申請前に確認すること

後遺障害等級認定の申請時の確認事項
後遺症が残ってしまった方へ

交通事故のケガは、治療を受けても完治せず、痛みやしびれなどの後遺症が残ってしまうことがあります。この後遺症のうち、申請をして等級認定を受けたものを後遺障害と言います。
後遺障害の認定を受けると、後遺障害慰謝料と逸失利益を請求できるようになり、受け取る示談金が大きく変わります。
後遺障害の申請の方法や、手続きのコツ、認定されるメリットを把握しておきましょう。

  1. 後遺障害の等級認定とは?
  2. 等級認定を受けるメリット
  3. 後遺障害等級の申請方法
  4. 後遺障害申請のポイント
  5. 等級認定の異議申立て

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

後遺障害の等級認定とは?

  • 後遺症を自賠責保険に認めてもらう手続き
  • 後遺障害等級には第1級〜第14級がある
後遺障害等級の認定

申請方法を確認する前に、後遺障害等級についてや、申請が必要な理由を確認しておきましょう。

交通事故における後遺障害申請は、「交通事故で今後の生活に影響する後遺症が残ってしまった」ことを自賠責保険に認めてもらう手続きです。

ケガの後遺症が残っても、申請手続きを行わなければ、後遺障害に認定されることはありません。

後遺障害申請の手続きは、医師が症状固定と判断し、治療が終了した後に行います。

後遺障害には後遺障害等級表で決められた第1級から第14級の等級があります。

後遺症の症状や程度で後遺障害等級が決まり、重篤な後遺障害ほど、数字の若い等級が認定されます。

ミスターリードからあなたへ

基本的には、後遺症が残ったら示談交渉を行う前に後遺障害申請を行います。
それは、後遺障害等級によって示談金の金額が変わるからです。

つぎの「等級認定を行うメリット」でその詳細をお伝えします。

等級認定を受けるメリット

  • 後遺障害の補償も請求可能に!
  • 等級認定の結果で示談金が大きく変わる
後遺障害等級の有無の違い
後遺障害慰謝料 後遺障害による痛みやしびれ、生活の不自由などで受ける精神的な苦痛に対して支払われる慰謝料です
逸失利益 将来の収入や昇給、出世、就職などへの影響(経済的損失)に対して支払われます

後遺障害等級の認定を受けると、「交通事故で今後の生活に影響する後遺症が残った」と認められたことになり、相手保険会社に後遺障害分の補償(後遺障害慰謝料と逸失利益)を請求できるようになります。

示談金は傷害分と後遺障害分に分けることができますが、後遺障害分の補償を請求できるのは、後遺障害等級の認定を受けた場合のみなんです。

後遺障害慰謝料逸失利益は休業損害や入通院慰謝料などと比べて高額になるケースが多く、示談金の合計が数百万円〜1千万円以上となることも珍しくありません。

ミスターリードの
かんたん解説
将来、後遺障害の影響があるたびに賠償金を請求するのは難しいですよね。
そのため、示談のタイミングで後遺障害慰謝料と逸失利益を請求することになっています。

ミスターリードからあなたへ

後遺障害の等級認定を受けることで、示談金が増額されるメリットがあるんですね。

つぎは、後遺障害申請の流れや申請に必要な書類などを確認していきます。

後遺障害等級の申請方法

  • 加害者の自賠責保険を通じて申請
  • 認定結果が出るまで平均3ヶ月
  • 事前認定と被害者請求がある
事前認定と被害者請求の違い
事前認定 被害者請求
症状固定後、医師に後遺障害診断書を作成してもらいます
病院から加害者の任意保険に後遺障害診断書が提出されます。 申請に必要な他の書類も集めます。後遺障害診断書は医師が作成後、内容を確認します
加害者の自賠責保険会社を通じて自賠責損害調査事務所に請求手続きを行います
保険会社が認定結果を受け取り、事故被害者に結果が知らされます 自賠責保険から事故被害者に認定結果が届きます

後遺障害等級が認定されるまでの流れを図と表にまとめました。

後遺障害の申請方法には、加害者の任意保険が手続きをする事前認定と、自分で申請をする被害者請求があります。

手続きの流れに違いはありますが、どちらも加害者の自賠責保険を通じて自動車損害保険料算出機構(自賠責損害調査事務所)という機関に申請します。

1〜4の手続きが終わるまで平均で約3ヶ月、長い場合は約6ヶ月かかります。

後遺障害申請で必要な書類

用意する主な書類

  • 診断書
  • 後遺障害診断書
  • 検査結果の画像(レントゲンやMRI)
  • 診療報酬明細書
  • 交通事故証明書
  • 事故発生状況報告書
  • 支払請求書
  • 印鑑証明書

後遺障害申請を行う際は、さまざまな書類が必要です。

被害者請求で申請する場合は、上の書類を自分で用意しますが、事前認定の場合は、大半の書類は加害者の任意保険が用意してくれます。

ミスターリードの
かんたん解説
診断書と後遺障害診断書は似た名前ですが異なる書類です。
診断書は通院時に症状や病名を記載するもので、後遺障害診断書は症状固定の後に医師が作成し、検査結果や後遺症の症状を記載する書類です。
後遺障害診断書は後ほど詳しくご説明しています。

事前認定と被害者請求の違い

事前認定と被害者請求について、もう少し詳しくご説明します。

事前認定は、加害者側の任意保険が手続きを代行してくれる制度です

任意保険が書類を用意して申請し、等級認定の結果も加害者の任意保険から通知されます。

いっぽうで被害者請求は、事故被害者(または弁護士など)が申請を行います

加害者の任意保険は一切関与せず、必要な書類の準備や申請手続きなどはすべて自分たちで行います。

どちらの方法で後遺障害申請を行うかは、事故被害者が自由に選ぶことができます(加害者が任意保険に未加入の場合、事前認定での申請はできません)。

ミスターリードからあなたへ

認定結果が出るまでにはどうしても時間がかかるため、後遺障害申請をせずに示談しようとする人もいますが、示談金額に影響しますので、必ず後遺障害申請を行いましょう。

経済的な事情で早く示談金を受け取りたい場合は、内払いなどの制度を利用するのがおすすめです。

後遺障害申請のポイント

  • 後遺障害診断書の内容で等級が変わる
  • 被害者請求での申請がおすすめ
後遺障害申請の2つのポイント

後遺障害で大切なのは、後遺症の症状に見合った後遺障害等級の認定を受けることです

しかし、申請をすれば誰でも後遺障害等級が認定されるわけではありません。

事前に想定していた後遺障害等級よりも低い等級が認定されることや、後遺障害等級に該当しない(非該当)と判断されることもあります。

後遺障害申請で失敗しないため、申請のコツを知っておきましょう。

ミスターリードが考える申請のポイントは次の2つです。

後遺障害診断書の書き方が重要

後遺障害診断書は、医師が作成し、ケガの症状や治療の経緯、検査の結果、後遺症の症状などが記入します。

実は、医師が後遺障害診断書をどのように書くかが大切で、自賠責損害調査事務所は後遺障害診断書の内容を重要視すると言われています。

記載内容で後遺障害申請の結果が変わることも珍しくありません。

特に大切なのが後遺症の症状の書き方で、自覚症状などが具体的かつ事細かく記載されていることが望ましいとされています。

医師に自覚症状を伝える際に、伝え忘れがあったり、伝え方が雑になったりすると、医師の記述が簡易的なものになり、認定結果に影響する恐れがあります。

自覚症状はできるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

ミスターリードの
かんたん解説
関係ないと思えるような些細なことまで伝えることを心がけてください。
たとえば、「雨が降ると膝が痛くなります」だと、普段は痛くないように思えますよね。
これは伝え方としては不十分です。「日頃から膝に痛みがあり、雨が降ると特に痛みがあります」と伝えるようにしましょう。

より詳しく知りたい方はこちら

被害者請求で後遺障害申請

ミスターリードでは、等級認定で失敗したくないなら被害者請求をおすすめします。

事前認定は、加害者の任意保険が申請を代行してくれるため、被害者の手間が少ないことはメリットです。

しかし、後遺障害申請をしてくれるのは加害者の任意保険ですので、事故被害者が等級認定を受けて示談金額が上がることは望ましくありません。

そのため、加害者の任意保険会社が資料を厳密に精査したうえで申請をしてくれるとは限りません。

被害者請求は、申請の負担は増えますが、後遺障害等級の申請を行う上で万全の準備ができます

特に、後遺障害診断書の記載内容も申請前に確認できる点が大きいです。

不備がある場合は医師に修正を依頼することもできます。

ミスターリードからあなたへ

後遺障害診断書の内容の判断や被害者請求の手続きは、負担が大きく専門的な知識もたくさん必要とします。

弁護士などの専門家に依頼した上で、被害者請求で行うのがおすすめです。

交通事故診断を行い、
弁護士に相談をする

等級認定の異議申立て

  • 結果に納得できない時は異議申立てが可能!
  • 異議申立ての成功には新しい根拠が必要
認定結果に納得できない時の対応

後遺障害申請では、希望する後遺障害等級が必ず認定されるとは限りません。

「後遺症があるのに後遺障害が非該当だった」、「思っていた等級が認定されなかった」ということもあります。

しかし、認定結果が想定していたものと違っても、まだあきらめなくて大丈夫です。

後遺障害申請の結果に納得できない時は、異議申立てという制度で再申請することができます

異議申立てによって認定結果が変わることもあります。

ただし、前回と同じ書類を提出しても結果は変わりません。

初回の結果を覆すには新しい医学的根拠が必要になりますので、別の検査を受けたり新たな資料を準備したりするなどして異議申立てを行いましょう。

認定結果に納得してから示談交渉を

加害者との示談が成立してから後遺障害等級の申請を行うことや、示談後に異議申立てを行うことは原則としてできません。

示談書や免責証書には「これ以外に一切の請求はいたしません」といった一文があり、示談成立後に別途慰謝料を請求することができないためです。

後遺障害等級が妥当か確認することと、認定結果に納得してから示談交渉を行うことを忘れないようにしてください。

ミスターリードからあなたへ

事前認定で行った後遺障害申請の結果に納得できず、異議申立てを被害者請求で行う方も大勢いらっしゃいます。
異議申立てを成功するには新しい根拠が必要ですので、弁護士のサポートを受けながら行うようにしましょう。

まとめ

後遺障害慰謝料と逸失利益は、後遺障害等級が認定されない限り受け取ることはできません。
さらには後遺障害の等級認定の結果によって、受け取る慰謝料の目安が決まってきます。後遺障害申請は、示談の内容を大きく左右する、とても大切なことです。

後遺症を抱えながらこの先生活していくことへの不安。その不安を少なくするために、納得のいく後遺障害等級の認定を目指しましょう

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ