外貌醜状(顔の傷跡)と腕や足の傷跡

顔に傷跡が残ってしまった時
顔に傷跡が残ってしまった方へ

交通事故によるケガで、頭や顔、首など日常的に露出する部位に人目につく程度以上の傷跡などが残ってしまったことを外貌醜状(がいぼうしゅうじょう)といいます。
外貌醜状も後遺症のひとつで、傷や欠損などの大きさによって後遺障害等級が決まっています。
等級の認定を受けることで後遺障害慰謝料や逸失利益を請求することができます。

  1. 顔の傷の後遺障害等級と慰謝料
  2. 外貌醜状で逸失利益を請求できる?
  3. 手術で顔の傷を消す場合
  4. 腕や足の傷跡の後遺障害

いますぐ弁護士に
聞きたい人はこちら

診断スタート

顔の傷の後遺障害等級と慰謝料

  • 頭、顔、首の傷跡などで認定される
  • 傷の大きさで後遺障害等級が変わる
後遺障害等級 詳細 任意保険基準の
慰謝料(推定)
裁判基準の
慰謝料
第7級12号 外貌に著しい醜状を残すもの 500万円 800万円
第9級16号 外貌に相当程度の醜状を残すもの 300万円 550万円
第12級14号 外貌に醜状を残すもの 100万円 230万円

横にスクロールすると表を確認できます

  • 「後遺障害等級表」を参照。
  • 裁判基準は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」を参照。

顔や頭の傷跡は人目につきやすく、傷跡や変形などがあると、どうしても目立ちます。

大きなショックを受けてしまう、人前に出たくなくなってしまうなど、気持ちが消極的になってしまうものです。

そのため、外貌醜状も交通事故による後遺症に認められています

傷跡の大きさに応じて3段階の後遺障害等級が認定され、後遺障害慰謝料が支払われます。

表に記載した認定条件だけでは、どの程度の傷跡で何級が認定されるかわかりませんので、もう少し具体的に見ていきましょう。

外貌醜状は、頭、顔、首(頸部)の傷跡などで後遺障害等級が認定される可能性があり、大きさの目安はつぎのようになります。

傷跡の大きさに応じた後遺障害等級
ミスターリードの
かんたん解説
後遺障害等級が認定される外貌醜状の大きさは決まっています。
顔などに傷跡が残っても、ご説明した大きさより小さい場合は後遺障害等級が認定されない可能性が高いです。

腕や足の傷跡は後遺障害にならない?

外貌醜状として後遺障害等級が認定されるのは頭、顔、首に傷跡が残った場合のみです。

腕や足などに傷跡が残ることもありますが、外貌醜状として後遺障害等級が認定されることはありません。

ただし、腕や足など見える場所目立つ傷跡が残ったことによる後遺障害等級が認定される可能性はあります。

詳しくは、後ほど「腕や足の傷跡の後遺障害」でご説明しています。

ミスターリードからあなたへ

外貌醜状は傷跡の大きさで後遺障害等級が決まっていますので、後遺障害の認定結果の目安が立てやすいです。
また、外貌醜状で後遺障害の認定を受ければ、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

妥当な金額を受け取るために増額交渉は必要ですが、大きなトラブルになるケースは少ないです。

外貌醜状で逸失利益を請求できる?

  • 営業・接客業などは請求できることが多い
  • 保険会社は認めないことが多い
外貌醜状の仕事への影響

外貌醜状では、逸失利益の支払いで保険会社と意見の食い違いが起こりやすいです。

逸失利益は後遺障害が残り、前のように仕事や家事ができなくなったことに対して支払われるお金。

外貌醜状も後遺障害ですが、表面的で労働には影響しないと考えられるため、保険会社は「逸失利益は支払えない」と主張することが多いのです。

しかし、本当に影響しないのでしょうか?

営業職や接客業をはじめ、お客さまと接する仕事や人前に立つ仕事では、顔に傷跡が残ったら仕事に影響が出る可能性は高いです

部署異動や、場合によっては失職することだってあり得ます。

事故被害者がまだ学生だった場合、将来の就職の選択肢が制限されてしまいます。

よって、外貌醜状が仕事や収入に影響するケースもあると言えるでしょう。

示談交渉でこのような仕事への影響を具体的に主張すれば、外貌醜状で逸失利益を支払われる可能性があります。

ミスターリードの
かんたん解説
眉毛、頭髪で隠れる部位に生じた醜状痕、化粧によって見た目を緩和することができる醜状痕などについては、逸失利益の支払いが認められないことがあります。

ミスターリードからあなたへ

保険会社に「外貌醜状では逸失利益は支払えない」と言われても、そのまま受け入れる必要はありません。

弁護士などの専門家に相談し、示談交渉で逸失利益を認めてもらいましょう。

交通事故診断を行い外貌醜状の
逸失利益について相談する

手術で顔の傷を消す場合

  • 手術を受ければ傷跡を消せるかも
  • 手術費は自己負担になることも
形成外科での外貌醜状の診療

外貌醜状は、手術を受けることで傷跡を消すことができる場合があります。

消せるかどうかは、形成外科で診察を受けて確認しましょう。

ただし、形成外科で診察や手術を受ける前に、相手保険会社に治療費を支払ってもらえるか必ず聞いてください

実は相手保険会社は形成外科での治療費の支払いを拒むことが多いと言われており、手術費が自己負担になる可能性があるからです。

また、美容外科で整形手術を受けて傷跡を消せることもあります。

選択肢のひとつですが、美容外科は保険適用外で整形手術費が高額になります。

ミスターリードからあなたへ

保険会社が手術費の支払いを認めてくれればベストです。
ただし、どうしても認めてもらえない時は、自己負担でも手術を受けるか考え、後悔のない選択をしましょう。

なお、手術で傷跡がなくなった場合は、後遺障害等級は認定されない可能性があります。

腕や足の傷跡の後遺障害

  • 目に付く傷跡は後遺障害等級が認定される
腕や足の醜状障害
後遺障害等級 詳細 任意保険基準の
慰謝料(推定)
裁判基準の
慰謝料
第14級4号 上肢の露出面に
てのひらの大きさの醜いあとを残すもの
40万円 110万円
第14級5号 下肢の露出面に
てのひらの大きさの醜いあとを残すもの
40万円 110万円

横にスクロールすると表を確認できます

  • 「後遺障害等級表」を参照。
  • 裁判基準は「民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準」を参照。

腕や足に残った傷跡は外貌醜状には含まれませんが、露出面に瘢痕や欠損、線状痕などが残ったら醜状障害として後遺障害等級が認定される可能性があります。

露出面とは、腕の場合は肩関節以下から指先まで、足の場合は股間接から足の甲までをさします。

また、後遺障害等級表には書いてありませんが、複数の傷跡がある場合は個々の傷跡は小さくても後遺障害14級が、傷跡が著しく大きい場合は後遺障害12級相当が認定される可能性があります。

ミスターリードからあなたへ

腕や足の目につくところに傷跡が残ると、やはり人目が気になってしまいます。

後遺障害等級の申請を行い、妥当な慰謝料を受け取りましょう。

まとめ

外貌醜状は、「痛みがある」、「動作が不自由になる」といった後遺症に比べ、逸失利益の支払いなどでの相手保険会社の対応はシビアです。
保険会社の提示金額に納得できない時は、弁護士に相談することをおすすめします

また、傷跡以外に口や鼻などに後遺症が残ってしまうこともあります。顔の後遺障害については「交通事故で顔面骨折!鼻やあごのケガの慰謝料や後遺障害は?」でご説明しています。

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ