用語集(さ行)

ゾーン30

ぞーんさんじゅう

生活道路における歩行者や自動車の安全な通行を確保することを目的に作られた対策のひとつ。

指定されたゾーン(区域)に中では時速30kmの速度制限を実施するなど安全対策が行われ、自動車の通り抜けを抑制します。

生活道路は道路の幅が狭いため、自動車と歩行者・自転車の事故が起きやすくなります。

また、車両の速度が時速30kmを超えると交通事故時の致死率が急激に増加します。ゾーン30はそれらの問題を解決し、安心して生活できる区域を作ることを目的としています。

さ行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?