用語集(さ行)

相続人

そうぞくにん

交通事故により被害者の方が死亡してしまった場合、本来被害者がするはずだった損害賠償請求を代わりに請求したり、損害賠償金を受け取ったりできる権利を持つ人が相続人です。

法律上認められる相続人は「配偶者(夫や妻)」、「子(子が先に死亡している場合には代襲相続人として孫)」、子どもがいなければ「直系尊属(両親や祖父母)」などとなります。相続人が複数人いる場合には、相続に関する問題も生じる可能性が高いため、弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する