用語集(さ行)

酒気帯び運転

しゅきおびうんてん

運転中の血中アルコール濃度が、1ml中0.3mg、または呼気1l中0.15mg以上のアルコール量が検出された場合のこと。

いわゆる二日酔いの状態であっても酒気帯び運転に該当することがあります。アルコールが体内で分解されるまでの時間は個人差があり、一夜明けたから絶対に大丈夫ということはありません。

飲酒後は、運転に対する適切な判断ができなくなるため非常に危険です。「ちょっとの距離だから」「自分はお酒に強いから」などと過信することなく、安全第一に考えましょう。

さ行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断