用語集(さ行)

症状固定

しょうじょうこてい

ケガをして治療を続けていても、ある時を境に、それ以上ケガの状態が改善されないなど、治療の効果が感じられなくなることがあります。このような状態のことを症状固定といいます。

症状固定と診断されると、治療費や通院交通費、休業損害などは請求できなくなります。その反面、後遺障害慰謝料や将来の介護費用、逸失利益などが請求できるようになりますが、後遺障害の等級認定を受ける必要があります。

症状固定後、痛みが残っているにも関わらず後遺障害の認定がされないために、後遺障害慰謝料や逸失利益を請求できないことがあります。きちんと認定してもらうためには、医師や弁護士による十分な調査にもとづく請求が不可欠です。

さ行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断