用語集(さ行)

症状固定

しょうじょうこてい

ケガをして治療を続けていても、ある時を境に、それ以上ケガの状態が改善されないなど、治療の効果が感じられなくなることがあります。このような状態のことを症状固定といいます。

症状固定と診断されると、治療費や通院交通費、休業損害などは請求できなくなります。その反面、後遺障害慰謝料や将来の介護費用、逸失利益などが請求できるようになりますが、後遺障害の等級認定を受ける必要があります。

症状固定後、痛みが残っているにも関わらず後遺障害の認定がされないために、後遺障害慰謝料や逸失利益を請求できないことがあります。きちんと認定してもらうためには、医師や弁護士による十分な調査にもとづく請求が不可欠です。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する