用語集(さ行)

診療報酬明細書

しんりょうほうしゅうめいさいしょ

ケガの治療のために通院した医療機関や保険薬局が、患者が受けた診療について発行する明細書のこと。レセプトとも呼ばれます。

明細書には、患者氏名、病名のほか、診療報酬点数などが記載されていて、医療機関などが健康保険組合に医療費を請求するために発行します。

加害者側の保険会社が治療費を支払う場合は、その保険会社が医療機関などに直接連絡して発行手続きを行います。被害者請求によって後遺障害の等級申請をする場合には、被害者側で診療報酬明細書を取り寄せる必要があります。

なお、「診療明細書」は領収書と一緒に交付されるもので、診療報酬明細書とは異なるので注意しましょう。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する