用語集(さ行)

死亡慰謝料

しぼういしゃりょう

交通事故で被害者が死亡してしまった場合、亡くなられた被害者に代わって遺族の方が慰謝料の請求をします。本来なら亡くなった被害者本人に発生するものですが、被害者本人が亡くなっているため、相続人である遺族の方が相続することになります。

被害者が死亡してしまった場合、遺族の方も精神的な苦痛を負うことになります。それに対して支払われるものが被害者の近親者の慰謝料です。

被害者の遺族の方は、「亡くなった被害者固有の慰謝料」と「被害者の近親者の慰謝料」2種類の慰謝料を受け取ることになります。

さ行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?