用語集(さ行)

遷延性意識障害

せんえんせいいしきしょうがい

植物状態のことをいいます。
日本脳神経外科学会によると、遷延性意識障害者とは以下の項目を満たす状態が3ヶ月以上継続された場合と定義がされています。

  1. 自力移動が不可能である
  2. 自力で摂食が不可能である
  3. 屎尿失禁状態にある
  4. 眼球はかろうじて物を追うこともあるが、認識できない
  5. 声を出しても、意味のある発言は全く不可能である
  6. 目を開け、手を握れなどの簡単な命令にはかろうじて応ずることもあるが、それ以上の意思疎通は不可能である

交通事故の後遺障害の中でも重度な後遺障害の一つです。遷延性意識障害と認められた場合、一般的に「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」として後遺障害の等級が1級と認定されます。これにより自賠責保険からは4000万円を上限として支払われることになります。

加害者や加害者の保険会社に対する損害賠償は、成年後見制度を利用して請求していくことになります。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する