用語集(さ行)

成年後見制度

せいねんこうけんせいど

交通事故によって重度の障害(遷延性意識障害高次脳機能障害など)を負ってしまうと、被害者自身で、加害者や加害者の保険会社に慰謝料などを請求できなくなってしまいます。

そのような場合、被害者の権利を守る援助者として成年後見人を選び、被害者に代わって損害賠償請求の手続きを行うことができます。

この制度を利用するためには、家庭裁判所に審判の申立てを行い、裁判所が最も適任だと思われる方を成年後見人として選任します。被害者の親族以外にも、弁護士や税理士などを選任することもあります。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する