用語集(さ行)

事前認定

じぜんにんてい

後遺障害等級認定の申請手続きの一種です。被害者は「後遺障害診断書」を医師に作成してもらい、加害者側の任意保険会社にそれを提出します。その後の手続きは、任意保険会社が行ってくれます。

等級認定の通知は任意保険会社にされ、被害者は任意保険会社から通知を受け取ります。手続きが簡単に済む一方で、加害者側の保険会社が主導するため、被害者にとって最良の等級が認定されるとは限りません。

より高い等級が認定されれば、保険会社はより高い賠償金額を支払わなければならないからです。
この他の申請手続きとして、被害者請求があります。

さ行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?