用語集(さ行)

実況見分調書

じっきょうけんぶんちょうしょ

交通事故における実況見分調書とは、事故がどのような原因で発生したのか警察が実況見分し、その内容を記した書面のことです。実況見分調書の内容は過失割合の判定につながる大切な書類の一つです。

人身事故の場合に調書が作成されます。実況見分は原則として事故発生直後に当事者の立ち会いのもとに行われます。しかし、被害者がケガをして救急車で搬送された場合などは、加害者のみで行われ調書が作成されてしまう場合もあり、被害者にとっては不利な内容になっていることも少なくありません。

実況見分に立ち会える場合には、曖昧な返答はせず事実を正確に伝えましょう。立ち会えない場合は、後に警察が持ってくる実況見分調書をもとにした供述調書の内容をよく確認しましょう。事実と反する場合には、供述調書に署名捺印をしないよう注意してください。

さ行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断