用語集(さ行)

実況見分調書

じっきょうけんぶんちょうしょ

交通事故における実況見分調書とは、事故がどのような原因で発生したのか警察が実況見分し、その内容を記した書面のことです。実況見分調書の内容は過失割合の判定につながる大切な書類の一つです。

人身事故の場合に調書が作成されます。実況見分は原則として事故発生直後に当事者の立ち会いのもとに行われます。しかし、被害者がケガをして救急車で搬送された場合などは、加害者のみで行われ調書が作成されてしまう場合もあり、被害者にとっては不利な内容になっていることも少なくありません。

実況見分に立ち会える場合には、曖昧な返答はせず事実を正確に伝えましょう。立ち会えない場合は、後に警察が持ってくる実況見分調書をもとにした供述調書の内容をよく確認しましょう。事実と反する場合には、供述調書に署名捺印をしないよう注意してください。

さ行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する