用語集(さ行)

示談

じだん

交通事故における示談とは、加害者(加害者側の保険会社や代理人弁護士なども含む)と被害者が、裁判によらず交渉によって損害賠償額について合意することです。
ケガが完治した後、または症状固定になった後が、一般的な示談の時期です。

一度示談してしまうと、その内容に異議があっても示談を取り消すのは非常に難しいです。わからないこと、不安なことはそのままにせず、必ず専門家に相談しましょう。

口頭でも示談は成立しますが、示談書という書面を残すことが望ましいです。

さ行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断