用語集(さ行)

CT

しーてぃー

コンピュータ断層撮影装置のこと。X線を用いて、全身のあらゆる断面を撮影することができます。CTは固い部分の異常や出血がわかりやすく、骨折や脳出血などを見つける際に有効です。

後遺障害の等級認定において、CTやMRIの画像が重要な役割を果たします。

さ行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?