用語集(ら行)

労働能力喪失期間

ろうどうのうりょくそうしつきかん

後遺障害によって労働能力が失われてしまう期間のこと。

原則として、症状固定日から67歳までの期間とされています。未就労者の場合は、開始時期は症状固定日ではなく、18歳または22歳となります。高齢者の場合には「67歳までの期間」と「平均余命の2分の1」のどちらか長い方が用いられます。

なお、被害者の職業や後遺障害の程度などの状況により仕事への影響が長くは続かないと考えられる場合は、67歳までの期間より短い期間に制限されることもあります。

ら行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断