用語集(ら行)

労働能力喪失期間

ろうどうのうりょくそうしつきかん

後遺障害によって労働能力が失われてしまう期間のこと。

原則として、症状固定日から67歳までの期間とされています。未就労者の場合は、開始時期は症状固定日ではなく、18歳または22歳となります。高齢者の場合には「67歳までの期間」と「平均余命の2分の1」のどちらか長い方が用いられます。

なお、被害者の職業や後遺障害の程度などの状況により仕事への影響が長くは続かないと考えられる場合は、67歳までの期間より短い期間に制限されることもあります。

ら行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する