用語集(ら行)

リスフラン関節

りすふらんかんせつ

いわゆる足の甲のこと。
交通事故によって足を失ってしまった場合、どの部分から欠損したのかで認定される後遺障害の等級が変わってきます。

ひざ関節以上、足関節以上、リスフラン関節以上、足指などのように、欠損箇所を判断する時に使います。

ら行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?