用語集(か行)

高次脳機能障害

こうじのうきのうしょうがい

交通事故によって脳に損傷を受け、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害、失語症などが生じることをいいます。本人に自覚症状がないこともあり、様子がおかしいと思った家族が先に気が付く場合もあります。

交通事故の後遺障害として認定されたのは2001年からで、高次機能障害と診断された場合、後遺障害の等級認定が難しく慰謝料の請求が難航するといわれています。

しかし、慰謝料の請求ができないわけではありません。納得がいかない場合は、必ず後遺障害の等級認定と高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談しましょう。

詳しくは、交通事故による高次脳機能障害をご確認ください。

か行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断