用語集(か行)

高次脳機能障害

こうじのうきのうしょうがい

交通事故によって脳に損傷を受け、記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害、失語症などが生じることをいいます。本人に自覚症状がないこともあり、様子がおかしいと思った家族が先に気が付く場合もあります。

交通事故の後遺障害として認定されたのは2001年からで、高次機能障害と診断された場合、後遺障害の等級認定が難しく慰謝料の請求が難航するといわれています。

しかし、慰謝料の請求ができないわけではありません。納得がいかない場合は、必ず後遺障害の等級認定と高次脳機能障害に詳しい弁護士に相談しましょう。

詳しくは、交通事故による高次脳機能障害をご確認ください。

か行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する