用語集(か行)

後遺障害の等級認定

こういしょうがいのとうきゅうにんてい

後遺障害の等級認定は、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が行います。自賠責損害調査事務所は、被害者が提出した後遺障害診断書やレントゲン写真などを参考にして等級を認定します。被害者は、治療を担当した医師に後遺障害診断書を作成してもらうことになります。

その後の流れとして、加害者の保険会社に任せて申請を行う「」と、被害者(被害者から依頼を受けた弁護士など)が等級認定の申請を行う場合の「被害者請求」があります。

等級の詳細は、「自賠法施行令別表第1および第2」に規定されていて、障害の程度に応じて1級から14級まであります。1級が最も重度な等級となっています。

か行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?