用語集(か行)

後遺障害の等級認定

こういしょうがいのとうきゅうにんてい

後遺障害の等級認定は、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が行います。自賠責損害調査事務所は、被害者が提出した後遺障害診断書やレントゲン写真などを参考にして等級を認定します。被害者は、治療を担当した医師に後遺障害診断書を作成してもらうことになります。

その後の流れとして、加害者の保険会社に任せて申請を行う「事前認定」と、被害者(被害者から依頼を受けた弁護士など)が等級認定の申請を行う場合の「被害者請求」があります。

等級の詳細は、「自賠法施行令別表第1および第2」に規定されていて、障害の程度に応じて1級から14級まであります。1級が最も重度な等級となっています。

か行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断