用語集(か行)

後遺障害の等級認定

こういしょうがいのとうきゅうにんてい

後遺障害の等級認定は、損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所が行います。自賠責損害調査事務所は、被害者が提出した後遺障害診断書やレントゲン写真などを参考にして等級を認定します。被害者は、治療を担当した医師に後遺障害診断書を作成してもらうことになります。

その後の流れとして、加害者の保険会社に任せて申請を行う「」と、被害者(被害者から依頼を受けた弁護士など)が等級認定の申請を行う場合の「被害者請求」があります。

等級の詳細は、「自賠法施行令別表第1および第2」に規定されていて、障害の程度に応じて1級から14級まであります。1級が最も重度な等級となっています。

か行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する