用語集(か行)

後遺障害の異議申立

こういしょうがいのいぎもうしたて

後遺障害の等級認定の結果、後遺障害非該当とされたり、低い等級で認定されてしまうことがあります。認定結果に不満がある場合には、異議を申立てることができます。

被害者請求の場合には自賠責保険会社に、一括請求の場合は任意保険会社に異議を申立てます。一旦認定された等級が下がることはないので、結果に不満があれば積極的に異議申立てを行うべきですが、認定を覆すだけの根拠や資料を提示しなければ、また同じ判断がなされてしまいます。

主治医と十分に相談し、認定に反論するに足りる診断書や、新たに撮影したレントゲンやMRI、CTなどの検査結果を追加資料として提出するのが望ましいです。

か行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?