用語集(か行)

後遺障害

こういしょうがい

治療を続けていてもケガが完治せず、それ以上の治療効果が望めない段階を症状固定といいます。

症状固定後に残ってしまった症状で、医師による後遺障害診断書などにもとづいて後遺障害の等級認定されたものを後遺障害といいます。

後遺障害は、程度や障害の部位に応じて1級から14級までの等級があり、1級が最も重く、さらに等級ごとに細分化されています。例えば、障害の部位が「視力」の場合、障害の程度が「両眼が失明したもの」が1級1号と認定されます。

か行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?