用語集(か行)

過失割合

かしつわりあい

交通事故の原因となった不注意のことを「過失」といい、お互いの過失の度合いを表したものを過失割合といいます。

交通事故では、当事者のどちらか一方が悪いということばかりではなく、双方に過失があることも多くあります。その程度は、事故を起こした当事者同士にしかわからないこともあり、被害者と加害者で主張が食い違うことが多いです。

過失割合の判断に関しては「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」があり、裁判所、弁護士、保険会社ともにこれに従って割合を判断しています。
最終的な賠償金額にも大きく影響する重要なポイントのひとつです。

か行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?