用語集(か行)

過失割合

かしつわりあい

交通事故の原因となった不注意のことを「過失」といい、お互いの過失の度合いを表したものを過失割合といいます。

交通事故では、当事者のどちらか一方が悪いということばかりではなく、双方に過失があることも多くあります。その程度は、事故を起こした当事者同士にしかわからないこともあり、被害者と加害者で主張が食い違うことが多いです。

過失割合の判断に関しては「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」があり、裁判所、弁護士、保険会社ともにこれに従って割合を判断しています。
最終的な賠償金額にも大きく影響する重要なポイントのひとつです。

か行の用語一覧へ戻る

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する