用語集(か行)

仮渡金

かりわたしきん

損害賠償額が確定する前であっても、自賠責保険会社から一定の金額を支払ってもらえる制度です。

死亡事故の場合は290万円、傷害事故の場合はその程度によって40万円、20万円、5万円が支払われます。示談や内払を待てないほど経済的に困窮している場合には、たとえ5万円であっても診断書を取るための費用として活用できるなどとても有効な制度です。

本来支払われるべき金額を先に受け取っているだけなので、結果的に仮渡金が手元に余った場合は返還しなければなりません。

か行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?