用語集(は行)

物損事故/物件事故

ぶっそんじこ/ぶっけんじこ

物損事故のことを警察では物件事故と呼び、交通事故証明書には物件事故と表記されます。物損事故の場合、原則としては犯罪にならず自賠責保険の対象にはなりません。

単純な物損事故の場合だけでなく、傷害の申告がなされなかった場合すべてが物損扱いになります。交通事故によってケガをした場合は、必ず「人身事故」として警察に処理してもらいましょう。

どちらか不明な場合は交通事故証明書を取得し、「物件」か「人身」かを確認し、物件事故の扱いになっていたら、医師の診断書を警察へ持参し、人身事故に切り替えてもらいましょう。事故から時間が経つほど、切り替えの手続きが難しくなりますので早めに行動してください。

は行の用語一覧へ戻る

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断