用語集(は行)

弁護士費用特約

べんごしひようとくやく

交通事故の被害に遭った時、加害者(加害者側の保険会社や代理人弁護士など)との交渉は、ご自身の保険会社では行ってくれないことをご存知ですか?事故の状況や保険の種類にもよりますが、被害者側の保険会社が加害者と交渉してくれることは基本的にはありません。

事故の被害に遭って大変な時にご自身で示談交渉まで行うのは想像以上に難しいことです。その負担を解決するためにあるのが弁護士費用特約です。

ご自身の保険に弁護士費用特約をつけることで、示談交渉を弁護士に依頼しても、その費用は保険でまかなわれます。弁護士費用の内300万円程度までは保険から支払われます。

弁護士費用特約が使用できる範囲は広く、ご自身が未加入でもご家族の保険に付帯されていれば使えることもあります。示談交渉の弁護士費用はほとんどの場合、300万円以内で収まります。特約を使うことで、以後の保険料が上がるなどのデメリットもないため、特約が付帯されていないか一度確認しましょう。

は行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?