用語集(あ行)

MRI

えむあーるあい

磁気共鳴画像装置のこと。強い磁石と電波を用いて、体内の断面像を三次元で撮影することができます。MRIは体の柔らかい部分の検査に向いていて、腱や脊ずい、靱帯などの損傷の有無を調べることができます。

ただし、強力な磁場の中に身をおくため、心臓ペースメーカーなどを埋め込まれている方は受けることができません。

後遺障害の等級認定においては、MRIやCTの画像が重要な役割を果たします。

あ行の用語一覧へ戻る

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?