交通事故の被害者がやることリスト - ⑥金額提示・示談交渉

保険会社から賠償金額の提示・示談交渉

期間の目安:1ヶ月~3ヶ月程度

やることリスト:
  • 提示された賠償金の確認
  • 納得がいかない場合は、賠償金・過失割合の交渉
  • 弁護士に依頼する
  • 示談書(免責証書)の確認、署名捺印

提示された賠償金の確認

保険会社の提示額と、損害算定した金額を比較して、足りない項目はないか、不当に低額ではないかを確認しましょう。

保険会社から提示される賠償金は、保険会社独自の基準で算出され、本来受け取れる金額より低額な場合が多々あります。
そのような場合は、過去の裁判で決定された賠償額の基準と照らし合わせて算出し直すと、増額します。

納得がいかない場合は、賠償金・過失割合の交渉

保険会社から提示された金額や過失割合に納得がいかない場合は、保険会社と交渉しましょう。
ただし、やみくもに交渉しても保険会社の言い分を覆すことはできません。

例えば、過失割合を覆すためには、防犯カメラの映像や事故現場の状況を分析するなどして、証拠を提示する必要があります。増額するためには、保険会社に「根拠」と「証拠」を提示して交渉することが不可欠です。

弁護士なら、あなたに必要は根拠と証拠を揃え、的確な交渉を行うことが可能です。
→おすすめ弁護士診断から、弁護士を探す

弁護士に依頼する

保険会社から提示された内容に少しでも不満があるなら、そのまま示談すべきではありません。心身ともに被害を受けたあなたが遠慮する必要はありません。

金額を提示された「損害賠償額計算書(損害計算書)」を弁護士に見せれば、すぐに妥当な金額かどうかわかります。

一度示談してしまうと、それ以上の金額を受け取ることが、極めて難しくなります。
示談する前の「今」が、妥当な金額を受け取れる最後のチャンスです。

Mr.リードは、今すぐ相談・依頼できる弁護士をご案内しています。
→おすすめ弁護士診断から、今すぐ相談できる弁護士を探す

示談書(免責証書)の確認、署名捺印

示談書(免責証書)を確認し、内容に納得してから署名捺印してください。示談の内容に納得がいかなければ、再検証や再交渉しましょう。

また、後からさらに痛みが出た時に追加請求できるように、「示談成立後に後遺障害が発症した場合は再度協議する」などの一文を加えるといいでしょう。

署名捺印した示談書は、加害者側の保険会社へ返送します。
なお、示談不成立の場合には、訴訟手続きへと進みます。

Mr.リードからあなたへ

保険会社から提示された金額のまま示談すると「被害者が損をする」といっても過言ではありません。
何の金額が足りないのか、どれくらいが相場なのか、交通事故に詳しい弁護士ならすぐに判断することができます

また、適正な金額を受け取るためには、さまざまな証拠を揃え、何度も保険会社と交渉する必要があります。
それらの複雑な作業も、弁護士に任せることで被害者の方は精神的負担から解放されます。

弁護士を探す

示談内容に納得し示談書(免責証書)にサインすれば、示談が成立します。

⑦賠償金の支払い・解決

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?