交通事故の解決までの流れ - ④後遺障害申請

症状固定の後遺障害申請手続き

期間の目安:1ヶ月~数ヶ月程度

やることリスト:

後遺障害の等級認定手続き

後遺症が残った場合は、後遺障害の申請をして適正な等級の認定を受けましょう。

後遺障害として認められれば、症状固定後の損害に対しても補償を受けられます

[事故日]→[治療中]入院通院費(治療実費や交通費など)/入院慰謝料/休業損害→[症状固定日]→[後遺障害認定後]後遺障害慰謝料/逸失利益→[示談]

申請の手続きには「事前認定」と「被害者請求」の2通りがあります。

事前認定は、加害者の保険会社が申請手続きをする(一括社)方法です。

申請方法はどちらでも構いませんが、以下に該当する方は、被害者請求する方が支払いを早く受けられるためメリットがあります。

  • 示談交渉が長期化しそうな場合
  • 被害者の過失が大きい場合
  • 加害者が任意保険に未加入の場合

被害者請求の場合に必要なもの

  • 自動車損害賠償責任保険支払請求書兼支払指図書
  • 後遺障害診断書
  • 事故証明書(交通事故証明書)
  • 事故発生状況報告書
  • 印鑑証明書
  • 診断書と診療報酬明細書
  • 支払請求書 など

なお、後遺障害の等級認定結果に納得がいかない時は、異議申立てすることが可能です。

異議申立ては何度でもすることができますが、結果を覆すだけの資料を追加して提出する必要があります。

「事前認定」と「被害者請求」のそれぞれのメリット・デメリットは、後遺障害等級(後遺症)の申請方法で詳しく説明しています。

専門家に依頼する

後遺症が残ってしまった場合、「後遺障害と認定されるか」「何級の後遺障害が認定されるか」は極めて重要です。

結果によって、加害者に請求できるお金にかなりの差が生じます。

適正な認定を受けるためには、弁護士などの専門家に相談しましょう。

メリットが多い反面、手続きが複雑な「被害者請求」でも、専門家のサポートを受ければ安心です

例えば、交通事故の解決経験が豊富な弁護士であれば、適正な後遺障害の等級が獲得できるよう、以下のようなサポートができます。

  • 後遺障害診断書の内容を確認し、的確な記載方法かどうかチェックする
  • 事故発生状況報告書の正しい記入方法をアドバイスする

など

Mr.リードからあなたへ

後遺症が残ったら、必ず後遺障害の等級申請を行いましょう。
後遺障害の等級結果が今後の人生を左右すると言っても過言ではありません

1人で抱え込まずに、専門家の力を借りて申請手続きをしましょう。

後遺障害が申請および等級が認定されたら、すべての損害を計算することができます。

⑤損害算定

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断