交通事故の被害者がやることリスト - ③完治または症状固定

完治または症状固定のタイミングが一番重要!

期間の目安:数ヶ月~数年

やることリスト:
  • 最後まで治療する
  • 事故発生状況報告書の作成、提出
  • 診断書や診療報酬明細書の収集、提出
  • 弁護士に依頼する

最後まで治療する

ケガが「完治」または「症状固定」に至るまできちんと治療しましょう。ケガが良くなってきたからといって無理をすると、「きちんと治療しなかった」とみなされ、適切な補償を受けられない場合があります

また、「症状固定」のタイミングを決めるのは、治療をした医師であり、保険会社ではありません。痛みがあるにも関わらず、保険会社の言いなりになって治療をやめないでください。

症状固定を認めてしまうと、それ以降は「治療費」「入通院雑費」「入通院慰謝料」「休業損害」が請求できなくなってしまいます。
症状固定と言われたらで、さらにポイントを解説しています。

事故発生状況報告書の作成、提出

事故発生状況報告書は、事故が起こった状況を自分で説明できる書類です。警察が発行する交通事故証明書だけでは過失割合などを決定できないため、この報告書が重要な意味を果たします。

事故時の速度や道路の幅員をはじめ、事故が起こった時間帯やその日の天気などの情報も記載しましょう。
作成した報告書は、自賠責保険任意保険の手続きで使用されます。

示談交渉を弁護士に依頼している場合は、事故発生状況報告書の詳しい書き方も弁護士に聞くことができます

診断書や診療報酬明細書の収集、提出

診療報酬明細書とは、ケガの治療のために通院した医療機関や保険薬局が、患者が受けた診療について発行する明細書のことです。

診療報酬明細書を見れば、治療内容やその程度を把握することができるため、後遺障害等級の審査の際には、明細の記載内容が重要になります。

被害者請求によって後遺障害の等級申請をするときは、被害者側で診療報酬明細書を取り寄せる必要があります。
加害者の保険会社に治療費を支払ってもらっている場合は、保険会社からその写しを交付してもらいましょう。

弁護士に依頼する

症状固定の日が近づいてくると、必ずといっていいほど、保険会社から「治療費の打ち切り」の話が出ます。
これに応じてしまうと、それ以降の治療費は自分で負担しなければなりません。

まだ痛みや症状が残っているなら、保険会社と交渉する必要があります。

  • 主治医に的確な診断書を作成してもらえるようアドバイス
  • 診断書を保険会社に提出し、治療期間の延長を交渉する

弁護士に依頼すれば、上記のようなサポートを受けられます。
医師に作成してもらう診断書は、治療を延長する必要があることを証明する内容でなければなりません。そのような内容をアドバイスできるのは、弁護士ならではと言えます。

Mr.リードからあなたへ

治療が終了する、あるいは症状固定すると、本格的に賠償金について示談交渉がはじまります。症状固定になると、それ以降は治療費が相手に請求できないため、本当に症状固定に至ったのかの見極めが重要です。

ケガが完治した場合は、損害算定へとすすみます。

⑤損害算定

症状固定で後遺症が残っている場合は、後遺障害の申請することになります。

④後遺障害申請

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する