交通事故の解決までの流れ - ②入通院による治療

入通院による治療期間

期間の目安:1ヶ月~数ヶ月

やることリスト:

適切な治療と検査

ケガの回復に向けて、まずは適切な治療と検査を受けることが第一です。

仕事や家事が忙しいからといって適切な治療を怠ると、後遺障害の申請時や、賠償金を交渉する際に不利になることがあります。

医師の診察は受けていますか?

事故直後から医師の診察を受けていないと、ケガと交通事故の因果関係を証明することが難しく、後遺障害診断書も作成できません。

接骨院や整骨院だけを受診している場合は、別途、整形外科も受診するようにしましょう。

加害者の保険会社と連絡がついていない場合、治療費は被害者が立て替える必要がありますが、後から加害者に請求することが可能なので、安心してください。

立て替える場合も、健康保険を使いましょう。

事故直後にチェック!治療(入通院)についてでも、ポイントを詳しく説明しています。

また、自宅に近い病院に変えたいなどの理由で転院したい場合には、相手の保険会社に事前に連絡しておきましょう。

何度も転院すると故意に行っているとみなされてしまう場合があるので注意しましょう。詳しくは以下のページで説明しています。

治療途中で病院を変えて平気?交通事故で病院を変更するときの4つの注意点

必要経費の領収書の保管

病院や調剤薬局で支払いをした際に発行される領収書や診療明細書は全て保管しましょう。

治療中に必要になった松葉杖や補装具などの領収書も保管してください。

これらの費用は、後から加害者に請求することが可能ですが、領収書がなければ請求するのが難しくなります。

加害者側の保険会社と治療費などのやり取り

治療中にも関わらず、保険会社から一方的に「治療費打ち切り」と言われることがありますが、治療方針を決めるのは保険会社ではなく医師です。

自覚症状をはっきりと医師に伝え、適切な治療を行ってください。

医師と今後の治療方針や治療期間を話し合い、それを保険会社に伝えるようにしましょう。

症状固定と言われたらで、更に詳しく説明しています。

弁護士に依頼する

この段階から弁護士に依頼することももちろん可能です。

弁護士に依頼する人のほとんどが「治療中」の方です。

治療中から弁護士に依頼することで、保険会社の対応は弁護士に任せて、あなたは治療に専念することができます。

  • どのくらいの頻度で治療したらいいのか
  • 会社を休んで治療に行った場合、いくら補償されるのか

上記の様な不安も、その都度弁護士に相談して、ベストな方法をアドバイスしてもらえます。

Mr.リードからあなたへ

適切な賠償金を得るには、交通事故後の初期段階からやるべきことがたくさんあります。

初期段階から専門家に相談することで、安心して今後の生活を再建することができます。

後遺障害の申請をする場合は特に、治療中から弁護士のアドバイスを受けると認定手続がストレスなく行えます

ケガの完治または症状固定については、次のステップで解説します。

③完治または症状固定

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断