よくあるご質問

電話相談だけで弁護士へ依頼することに不安があります。電話相談と対面の相談はどちらがいいですか?

電話相談と対面相談で相談の内容に違いはありません。

自分に合っているほうを選びましょう。

そのうえで「直接会って顔を見て相談したい」という人は対面での相談が適しているかもしれません。

「直接話すことでお悩みがいっそう理解できる」という思いや、お互いに相手を信頼できるようにという考えから、依頼前に一度はお会いしたいという弁護士も多いです。

ただし、「近所にある弁護士事務所だから」という理由だけで弁護士を選ばないようにしましょう。

交通事故被害の知識や解決実績がある弁護士を選ぶことがとても大事だからです。

いっぽうで、ケガで弁護士事務所まで行くのが大変な人や時間の調整が難しい人、相談したい弁護士が遠方の人などは電話相談が合っているかもしれません。

事務所への移動がない分、より気軽に相談することができます。

なお、弁護士に依頼した後の弁護士事務所とのやりとりは、主に電話、メール、郵送で行われますので、電話相談の場合は、弁護士事務所に行くことなく示談を迎えられるケースが多いです。

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ