よくあるご質問

依頼した弁護士の対応が遅いです。なぜ、もっと早く進めてくれないのでしょうか?

弁護士に依頼したものの、なかなか手続きや示談交渉が進展せず、「弁護士の対応が遅い」という声を聞くことがあります。

進みが遅い理由としては、想像以上に手続きに時間がかかっている、もしくは弁護士が案件を後回しにしている、のどちらかが当てはまると考えられます。

手続きに時間がかかっている場合は、弁護士はきちんと対応しているものの、相手の返答などに時間がかかっている可能性があります。

たとえば、後遺障害等級の申請では、認定結果が出るまで数ヶ月かかることもあり、その間は弁護士も結果を待つしかありません。

また、示談交渉では、相手保険会社の決済に時間がかかっている可能性があります。

弁護士から催促することはできますが、数十万円から数百万円もの金額の決済のため、すぐに決まらないこともあるようです。

いっぽうで、もし、弁護士があなたの依頼を後回しにしていたら、そのまま任せ続けるよりも弁護士の変更を検討したほうがいいかもしれません。

依頼中の弁護士を解任し、他の弁護士に変える人も珍しくありませんよ。

不満を感じている人は、一度、他の弁護士に相談してみてはいかがですか?

弁護士診断を行い、相談をする

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ