よくあるご質問

事故から数日経って痛みが出てきました。どうしたらいいでしょうか?

交通事故後、時間が経ってから痛みが出てきた時は、すぐ病院に行き、医師の診察を受けて診断書を作成してもらってください。

むち打ちでは、後から首などに痛みが出てくるケースもあります。

その際に大切なのは、「交通事故によるケガ」だと証明できるようにすることです。

事故との因果関係を証明できないと、治療費や慰謝料などを加害者の保険会社に請求できない可能性があります。

時間が経てば経つほど、そのケガが交通事故によるものだと証明しづらくなります。

少しでも違和感があったらすぐ病院に行き、交通事故との因果関係を認めてもらいましょう。

また、事故当時は痛みがなかった場合、警察では物損事故として扱われている可能性があります。

物損事故から人身事故への変更手続きも行いましょう。

人身事故扱いになっていない場合、加害者に対して治療費や慰謝料を請求することができない可能性があります。

人身事故への切り替え方法は下記の『交通事故は「人身事故」扱いになっている?「物損事故」との違いと変更手続きの方法』をご覧ください。

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ