よくあるご質問

示談交渉を専門家に依頼する場合、弁護士以外に選択肢はありませんか?

交通事故の被害を法律の専門家に相談する場合、弁護士以外では、司法書士や行政書士が考えられます。

ただし、司法書士は、請求額が140万円を超えるときは代理人になることができません。

そのため、司法書士に依頼できるのは軽症や物損事故の場合など、請求金額が少ない一部のケースに限られます。

また、行政書士は書類の作成などはできますが、示談交渉を行うことができません。

「後遺障害等級の申請、示談交渉を一貫して任せたい場合」や「賠償金の請求金額が140万円以上となる場合」には、弁護士に依頼するのがベストといえます。

詳しくは下記リンクより「140万円の壁って何?交通事故被害での弁護士、司法書士、行政書士の違い」をご覧ください。

また、ミスターリードでは、交通事故の詳細を伺った上で、弁護士、司法書士など、必要な専門家のご案内をしています。

自分に必要な専門家を知りたい人はミスターリードの交通事故診断をご利用ください。

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断