よくあるご質問

示談交渉は、弁護士以外に方法はないのでしょうか?

交通事故の被害を法律家に相談する場合、弁護士以外の専門家では、司法書士や行政書士が考えられます。

ただ、司法書士は、請求額が140万円を超えるときは代理人になることができません。

また、行政書士は示談交渉を行うことができません。

「後遺障害等級の申請、示談交渉を一貫して任せたい場合」や「賠償金の請求金額が140万円以上となる場合」には、弁護士に依頼するのがベストといえます。

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ
「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断