よくあるご質問

弁護士は敷居が高いです。弁護士以外で示談交渉を依頼できる専門家などはいませんか?

弁護士以外では、司法書士やご自身の自動車保険も示談交渉をすることができます。

司法書士は、弁護士に比べて費用が安く済む傾向がある一方、請求額が140万円を超える場合は依頼することができません。

ケガが軽症の場合、物損事故のみの場合など、請求金額が少ないケースでの依頼が適しています。

ご自身の自動車保険は、別途費用の負担がないのがメリットです。

しかし、交渉は任意保険基準で行われるため、賠償金が相場以下になるケースが多く、結果として専門家に依頼したほうが金銭面のメリットが見込めます。

また、被害者に過失がない場合は示談交渉をしてくれません。

そのほか、行政書士も交通事故の被害者救済に取り組んでいますが、「自賠責保険の請求手続き」や「後遺障害の等級認定」の代行手続きはできるものの、示談交渉はできません。

また、資格がないのに示談交渉で利益を得ようとする悪徳整骨院や示談屋もいますが、余計なトラブルの原因になりますので依頼しないようにしましょう。

気軽に相談できる弁護士事務所も増えています。

「弁護士は大げさすぎる」と思い込まず、自分の状況に一番あった専門家に依頼することが大切ですよ。

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ