よくあるご質問

まだ痛みがあるのに治療費打ち切りの連絡が保険会社からきました。打ち切り後も通院を続けられませんか?

保険会社に治療費の支払いを打ち切られたら、その後の通院は事故被害者の自己負担になってしまいます。

しかし、保険会社の主張どおりに、治療費の支払いが打ち切りになるとは限りません。

治療の終了(症状固定)は、保険会社ではなく医師が判断するものだからです。

保険会社から通院・治療費打ち切りの連絡が来ているなら、まずは保険会社に「治療を続けたいこと」を伝えましょう。

保険会社が治療の継続を認めてくれないときは、医師に相談をして治療の継続が必要なことを証明する診断書を作成してもらってください。

医師の診断書があってもなお、保険会社が治療費の打ち切りをしようとするなら、弁護士に相談をしましょう。

弁護士が出てくることで保険会社が対応を改めることもありますし、弁護士が交渉をすることもできます。

弁護士に相談する際は、ミスターリードの交通事故診断をご活用ください。

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ