よくあるご質問

示談交渉は、弁護士以外に方法はないのでしょうか?

弁護士以外の専門家では、司法書士や行政書士が考えられます。
ただ、司法書士は、請求額が140万円を超えるときは代理人になることができません。また、行政書士は示談交渉を行うことができません。

「後遺障害等級の申請、示談交渉を一貫して任せたい場合」や「賠償金の請求金額が140万円以上となる場合」には、弁護士に依頼するのがベストといえます。

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?