よくあるご質問

慰謝料の相場を教えてください。

交通事故の場合、簡単に相場を知ることができません。
なぜなら、事故の状況やケガの内容、被害者の職業や年収によって、金額が大幅に変わるからです。

また、慰謝料というと、加害者に請求できるすべてのお金だと思っている方も多いと思いますが、そうではありません。
交通事故の「慰謝料」は損害賠償金の一部であり、「交通事故によってどれだけ悲しい思いをしたか」の部分をお金にしたものです。
交通事故の慰謝料は「入通院(傷害)慰謝料」「後遺障害慰謝料」「死亡慰謝料」があり、治療期間やケガの程度で、請求できる金額がある程度決まっています。

入通院慰謝料は、通院日数や入院日数によって決まります。

通院期間 裁判なし 裁判あり
1ヶ月 22.4万円 28万円
2ヶ月 41.6万円 52万円
3ヶ月 58.4万円 73万円
4ヶ月 72万円 90万円
5ヶ月 84万円 105万円
6ヶ月 92.8万円 116万円
7ヶ月 99.2万円 124万円
8ヶ月 105.6万円 132万円
9ヶ月 111.2万円 139万円
10ヶ月 116万円 145万円
11ヶ月 120万円 150万円
12ヶ月 123.2万円 154万円
13ヶ月 126.4万円 158万円
14ヶ月 129.6万円 162万円
15ヶ月 131.2万円 164万円
入院期間 裁判なし 裁判あり
1ヶ月 42.4万円 53万円
2ヶ月 80.8万円 101万円
3ヶ月 116万円 145万円
4ヶ月 147.2万円 184万円
5ヶ月 173.6万円 217万円
6ヶ月 195.2万円 244万円
7ヶ月 212.8万円 266万円
8ヶ月 227.2万円 284万円
9ヶ月 237.6万円 297万円
10ヶ月 244.8万円 306万円
11ヶ月 251.2万円 314万円
12ヶ月 256.8万円 321万円
13ヶ月 262.4万円 328万円
14ヶ月 267.2万円 334万円
15ヶ月 272万円 340万円
  • 1ヶ月は30日で計算し、端数は日割りで計算します。
  • 通院と入院を両方している場合は、それぞれの期間を考慮した金額になります。
  • 日数は、「総治療日数」と「実入通院日数✕3」を比較して少ない方を使います。
  • むち打ちなど軽傷の場合は、上記より低額になります。

後遺障害慰謝料は、認定された後遺障害等級によって決まります。

後遺障害等級 裁判なし 裁判あり
第1級 2240万円 2800万円
第2級 1900万円 2370万円
第3級 1590万円 1990万円
第4級 1340万円 1670万円
第5級 1120万円 1400万円
第6級 940万円 1180万円
第7級 800万円 1000万円
第8級 660万円 830万円
第9級 550万円 690万円
第10級 440万円 550万円
第11級 340万円 420万円
第12級 230万円 290万円
第13級 140万円 180万円
第14級 90万円 110万円

死亡慰謝料は、死亡した被害者の方の立場によって、ある程度の相場があります。

お亡くなりになった方 死亡慰謝料
一家の支柱 2800~3600万円程度
子ども 1800~2600万円程度
高齢者 1800~2400万円程度
その他配偶者など 2000~3200万円程度

そして実は、慰謝料にはいくつかの基準が存在します。いわゆる「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判基準」です。
Mr.リード認定事務所にご依頼いただいた場合は、裁判基準を目安に交渉を行っています。
さらに詳しく知りたい方は「慰謝料の相場&慰謝料の増やし方」のページをご確認ください。

交通事故の手続きは非常に煩雑。
それを一から自分で解決しようとすると、分厚い書籍2.5冊以上を熟読した分の知識が必要です。

でも、自分で理解して
ベストな方法を知ってから
プロに頼るか考えたい!

おまかせください。Mr.リードは、そんな賢いあなたのお手伝いをするポータルサイトです。あなたのためにこんなメニューを用意しています。

ポイントを知る

まずは、全体の流れとポイントをチェック!

交通事故の被害者がやることリスト

ベストな方法を知る

5つの質問に答えるだけで、ベストな解決方法をご案内します。

診断をはじめる(無料)

聞いてみる

診断の結果に適した専門家にリクエストができます。

自分の状況に合ったベストな対策を知りたい方はまずは診断を!

あなたの交通事故慰謝料を適正チェック!慰謝料シミュレーター →診断する