むち打ち(頸椎捻挫)の治療・後遺症・慰謝料

交通事故のむち打ちとは?

交通事故の強い衝撃で首やその周囲を損傷し、頸椎捻挫や外傷性頸部症候群などのケガをすることがあります。首が鞭のようにしなって大きな負荷がかかったことが原因で受傷することから、むち打ち(鞭打ち損傷)ともいいます。
むち打ちは追突事故などで多いケガのひとつです。発症すると治療に時間がかかり、レントゲンなどで確認できるケースが少ないため、治療費や慰謝料の請求でのトラブルも多くなっています。

むち打ちの症状。首以外にも出る?

  • 肩や手足の症状もむち打ちが原因かも
  • むち打ちで体調不良を起こすことも
  • 数日後に症状が出ることもある

むち打ちは首(頸部)を負傷するケガです。

そのため、症状は首に出るものと考えるかもしれませんが、そうとは限りません。

首や肩、手足の痛み・しびれ・こり、頭痛、吐き気、めまい、耳鳴り、知覚障害など、むち打ちでみられる症状はさまざまです。

全部の症状がみられるわけではなく、頸椎にはたくさんの神経が通っているため、事故で頸椎のどこをどう負傷するかで症状が変わるとされています。

より詳しく知りたい方はこちら

むち打ちの症状は後から出てくる?

むち打ちは、事故直後は痛みがなく翌日以降にじわじわと痛みが出てくることがあります。

数日経過してから症状が出始めることもあります。

そのため、事故直後は「ケガをしていない」と思うことや、後から症状が出てきても交通事故が原因だと気がつけないこともあります。

ミスターリードの
かんたん解説
むち打ちの症状に気がつくのが遅くなると通院や慰謝料に影響が出ることもあります。
事故直後や、事故後ほどなくして体に違和感を感じたら、すぐ病院に行くことが大切です。

ミスターリードからあなたへ

交通事故後に感じた体の痛みや具合の悪さは、むち打ちによるものかもしれません。
もっと重いケガのおそれもあります。

事故で思いもよらない症状が出ることもありますので、少しでも体調の変化を感じたら、そのままにしておかないようにしましょう。

治療のポイント。通院が大事

  • 症状が軽くても通院すること
  • むち打ち治療には時間がかかる
  • 整骨院での施術が効果的なことも

普段、ちょっとしたケガや体調不良では病院に行かない人もいるでしょう。

交通事故後の痛みも「数日我慢すれば治るはず」と思うかもしれません。

ですが、首や肩などの痛み、吐き気やめまいなど、体の異変をすこしでも感じたら必ず病院に行ってください。

むち打ちだった場合、症状が軽度でもなかなか治らないことや、後から痛みが増すこともあります。

また、初診が遅くなると、交通事故とむち打ちの因果関係が認められず(交通事故によるむち打ちだと証明できず)、相手の保険会社が治療費を支払ってくれないこともあります。

早めに通院をはじめることは、体のためにも余計なトラブルを防止するためにも大切なのです

治療期間はどのぐらいかかる?

むち打ちの通院期間は人によってさまざまですが、数ヶ月から長い場合は半年程度かかることがあります。

通院回数は、整形外科だけに通院する場合と整形外科と整骨院を併用する場合で変わります。

週に何回も通院する場合もありますが、医師の指示を守ってきちんと通院することが大切です。

ミスターリードの
かんたん解説
むち打ちの治療では整骨院や接骨院への通院が効果的なこともあります。
整骨院などに通院する際は医師の許可をもらい、整形外科への通院も続けましょう。勝手に通院することは余計なトラブルの種になります。

より詳しく知りたい方はこちら

ミスターリードからあなたへ

むち打ちの治療は継続的な通院がとても大事だと言われています。
体調が良くなったからと通院を止めるのは絶対にしないでください。

仕事を休めないなど、継続的な通院が難しい人もいるかもしれませんが、治療期間だけは仕事よりも通院を優先してほしいです。

後遺障害等級と認定のコツ

  • 後遺障害認定には通院期間が大事
  • 後遺障害12級または14級が認定される

むち打ちは治りづらいケガと言われており、何ヶ月も治療を続けても完治せず、痛みやしびれ、吐き気やめまいなどの後遺症が残ってしまうことがあります。

また、次第に治療の効果が薄まってしまい、通院を続けても回復を実感できなくなってくることがあります。

完治せずに後遺症が残った時は、後遺障害申請を行い、等級認定を受けたうえで慰謝料請求をしましょう。

むち打ちで認定される後遺障害等級は?

後遺障害等級 詳細
第12級13号 レントゲンやMRIなどでむち打ちが確認できた(他覚症状があった)場合
第14級9号 自覚症状のみの場合

むち打ちでは、上の2つの後遺障害等級が認定される可能性があります。

検査結果で他覚症状が確認できた場合は後遺障害12級13号、自覚症状のみの場合は14級9号です。

ただし、むち打ちは検査結果で確認できるケースが限られていて、12級13号が認定されるケースは限られます。

多くの場合は14級9号となりますが、14級9号も必ず認定されるわけではなく、非該当と判断されるケースも少なくありません。

後遺障害認定には通院期間が大事?

むち打ちで後遺障害認定を受けるには通院期間も重要だと言われています。

まず、継続的に通院を続けていること。

そのうえで、むち打ちで後遺障害等級が認定されるには、6ヶ月以上の通院を続けていることが必要だと言われています。

ミスターリードの
かんたん解説
途中で治療をやめてしまうと、保険会社が早い段階で「もう症状固定ではないのか」と主張してくることがあります。
早期の症状固定を迎えると、後遺症が残っていても後遺障害等級の認定が難しくなります。
後遺症が残った時のことも考え、「最後までしっかり通院すること」がとても大事です。

ミスターリードからあなたへ

後遺障害等級の認定は、受け取る示談金の金額にも大きく影響します。

後遺障害等級が認定されないことに疑問を感じたら、弁護士などの専門家に相談をしてみましょう。

交通事故診断を行い、
専門家に相談する

むち打ちの慰謝料はいくら?

  • 後遺障害14級なら90万円前後が相場
  • 入通院慰謝料は通院期間で決まる
後遺障害等級 示談交渉での相場 裁判をした場合の相場(裁判基準)
第12級 230万円 290万円
第14級 90万円 110万円

上の表は後遺障害等級が認定された場合に支払われる、後遺障害慰謝料の相場金額です。

12級と14級では100万円以上の金額の違いがありますので、むち打ちの他覚症状を確認できた場合は、後遺障害12級の認定を受けることが大事になってきます。

また、保険会社が最初に提示してくる金額は表の金額よりも低いです。

後遺障害14級の場合、自賠責基準だと32万円、任意保険基準でも40万円(推定金額)です。

相場の後遺障害慰謝料を受け取るには、示談交渉や裁判で増額を求めていくことが欠かせません。

ミスターリードの
かんたん解説
慰謝料は、後遺障害慰謝料のほかに入通院慰謝料が支払われます。
入通院慰謝料は通院期間で金額が変わり、通院期間が長くなるほど慰謝料は高額になります。
ただし、自覚症状のみのむち打ちは、ほかのケガに比べ、やや金額が低くなる傾向があります。

より詳しく知りたい方はこちら

ミスターリードからあなたへ

慰謝料は、むち打ちになったことや後遺症が残ったことによる負担やストレスなどに対して支払われるお金です。

増額交渉などを行い、相場の金額を受け取りましょう。

むち打ちの解決事例・体験談

  • 弁護士に相談すると示談金増額が見込める

最後に、交通事故でむち打ちになった方が弁護士に相談して示談した解決事例をご案内します。

弁護士に相談することで慰謝料など示談金の増額が期待できるほか、後遺障害申請の手続きを任せたり、治療費の支払い打ち切りを阻止できたりすることもあります。

より詳しく知りたい方はこちら

ミスターリードからあなたへ

むち打ちの治療のこと、後遺障害等級のこと、慰謝料のことで疑問や悩みがあれば弁護士に相談してみましょう。

自分ではどうにもできないことでも、弁護士のサポートがあればできるようになり、納得の結果につながる可能性があります。

まとめ

むち打ちの症状は目に見えづらいものなので、自分で症状の変化を感じたり、自覚症状を医師に伝えたりすることが大切。交通事故後は自分の体をいつも以上に気にするようにしてください。

しっかりと治療を受け、後遺症が残った場合や慰謝料請求で、適切な対応ができるようにしましょう

かんたん1分!いますぐ交通事故診断

診断からの問い合わせで交通事故後のお金と暮らしのはなしが見られる!※メール問い合わせをした方のみ
  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ