交通事故による高次脳機能障害

高次脳機能障害に
なってしまった方へ
高次脳機能障害とは、交通事故で負った脳の損傷などで、記憶障害や人格が変化してしまうことです。目に見えるケガではないため、ご本人でも気が付かないことが多くあります。
集中力が欠けたり、周囲から「怒りっぽくなった」などの指摘があった場合は、高次脳機能障害を疑いましょう。後遺障害として認定を受けることも可能です。
  1. 1. 事故後の変化について
  2. 2. 高次脳機能障害の後遺障害の認定を受けるには?

1. 事故後の変化について

脳の損傷、いわゆる脳挫傷、クモ膜下出血、びまん性脳損傷などの診断がなされた場合は、その後、高次脳機能障害が発生する可能性があります。

高次脳機能障害は、以下のような些細な行動の変化があります。

  • 物忘れが激しくなった
  • 昔のことが思い出せない
  • 怒りやすくなった
  • 情緒不安定
  • 疲れやすくなった
  • 集中力がなくなった
  • 計画的に物事を実行できなくなった

少しでも当てはまるなら、高次脳機能障害を負っている可能性があります。この場合、事故の後遺障害として認められる可能性があります。

2. 高次脳機能障害の後遺障害の認定を受けるには?

以下のいずれかに該当する場合は後遺障害の審査対象となる可能性が高くなります。

  1. 事故発生時の頭部画像で頭部外傷の診断があったこと
  2. 初診時に重い意識障害(半昏睡や無反応など)が6時間以上あった
  3. 事故発生から1週間以上、軽い意識障害があった
  4. 医師により高次脳機能障害、脳挫傷などの診断がされていた
  5. 知能検査、記憶検査などの検査で異常が認められた

認定される等級の具体的な後遺障害は以下の通りです。

第1級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの
第2級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの
第3級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの
第5級 神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第7級 神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外の労務に服することができないもの
第9級 神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの

「自賠法施行令別表第1および第2」より

高次脳機能障害は目に見える症状ではないため、頭部画像では見えない場合はしっかりと症状を訴え、適切な後遺障害認定を受けましょう。

ただ、どの等級に該当するのか判断が難しく、ご本人やご家族で手続きをするのは非常に困難です。弁護士のサポートを受けることをおすすめします。

Mr.リードからあなたへ

日常生活に大きな支障がない場合でも、仕事に復帰後、周囲の指摘で高次脳機能障害に気付くことがあります。後からでも、後遺障害の認定手続きをすることができます
ただし、目には見えない症状のため、手続きは困難が予想されます。弁護士のサポートを受けて、適正な認定を受けましょう。

どの弁護士がいいかわからず
困っていませんか?