交通事故コラム

交通事故で助手席の家族もケガ。慰謝料請求は誰にどうすればいい?

「車の助手席や後部座席に乗車中の家族もケガをしてしまった」交通事故では、運転者だけでなく、車に同乗していたご家族もケガをしてしまうケースがとても多いです。このような場合、助手席や後部座席の家族は慰謝料を誰にどのように請求すればいいのでしょうか?
同乗者の慰謝料請求について、請求相手やおすすめの請求方法をまとめてみました。

助手席や後部座席に乗車中のケガ。誰に請求する?

車の助手席や後部座席に乗っていて交通事故の被害に遭い、ケガをしてしまった場合、「治療費」や「慰謝料」などの賠償金の請求は、「交通事故を起こした責任がある人」に請求することができます。

交通事故を起こした責任がある人は、次のように分けることができます。

運転者に過失がない場合

交通事故の相手方(加害者)に賠償金を請求することができます。

運転者のみに過失がある場合、単独事故の場合

運転者に賠償金を請求することができます。

運転者と相手方の両方に過失がある場合

運転者と交通事故の相手方のどちらにも賠償金を請求することができます。

例えば、タクシー乗車中に交通事故に遭った場合には、タクシーの運転手(タクシー会社)と、相手の車のどちらに対しても賠償金を請求することができます。

詳しくは、「タクシーやバスに乗車中の交通事故。治療費や慰謝料はどうなる?」で解説しています。

運転者と同乗者が家族の場合、一緒に相談できる?

ご家族で車に乗っていた際に交通事故被害に遭い、助手席や後部座席のお子さんご家族もケガをしてしまったら、運転者と合わせて弁護士に相談をするのがおすすめです。

同じ弁護士に相談や依頼することはもちろん可能です。

運転者のみが先に弁護士に依頼をしていた場合などは、後から助手席のご家族の依頼をすることもできます。

同じ弁護士にまとめて相談をしても、運転者と助手席、後部座席のご家族の賠償金がひとまとめになったり、賠償金額が減ったりといったことはありません。

また、運転者と助手席、後部座席のご家族で、ケガの状況や後遺障害の症状は異なりますが、交通事故が発生した状況は変わりません。

そのため、まとめて相談をすることで、弁護士による見解の違いなどが生まれることもありませんし、相談時の説明やその後の対応の負担も少なくなります。

被害者の事情を深く理解した弁護士に合わせて任せることができる点も同じ弁護士に相談をするメリットです。

運転者が「弁護士費用特約」に加入している場合は、助手席、後部座席のご家族も弁護士費用特約を利用できる場合がありますので、弁護士への相談時に確認をしてみてください。

運転者と同乗者が知人の場合、一緒に相談できる?

助手席や後部座席に同乗していたのが知人友人だった場合も、同じ弁護士に相談や依頼をすることができます(同乗者が運転者に賠償請求する場合を除きます)。

交通事故被害者一人ずつ、加害者に賠償金を請求することができます。

すでに運転者の方が弁護士に相談をしていた場合、助手席や後部座席に同乗していた方にも、同じ弁護士をおすすめするのもいいでしょう。

同じ弁護士に相談をすることが、同乗していた知人、友人の方が適切な賠償金を受け取ることのサポートにも繋がりますよ。

Mr.リードからあなたへ

助手席や後部座席に乗車中の交通事故は「助手席や後部座席に乗っていて交通事故に。治療費などは誰に請求するの?」のコラムでも詳しくご説明していますので、こちらもぜひご覧ください。

これから弁護士に相談をする運転者の方は、助手席、後部座席のご家族、知人のケガや賠償金のことも合わせて相談してみてはいかがでしょうか?

ミスターリードの交通事故診断から弁護士に相談する

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断