交通事故コラム

通勤途中の交通事故。労災保険を使った方がいいって本当なの?

交通事故で多いのが、通勤中や仕事中に事故に巻き込まれてしまうケース。通勤途中の交通事故では、「労災を使った方いいの?」というご質問を多くいただきます。
ここでは、労災保険が適用されるケースや、使用した方がいい場合など、交通事故被害と労災保険の関係性についてご説明したいと思います。

「労災保険」とは?交通事故で適用されるケースは?

「労災保険」とは、労働者が仕事中にケガ、病気、死亡した場合の補償として保険金の給付を行う制度のことです。

サラリーマンなどの正社員、契約社員、パート、アルバイト、日雇い労働を問わず、会社は従業員を労災保険に加入させることが「労働基準法」で義務付けられています。

労災保険と聞くと、肉体労働をする仕事の人が、業務中の事故などで負傷した場合に適用されるものと考える方もいるかもしれませんが、そのようなケースだけでなく、交通事故でも適用されます

事故の程度は関係ありません。

交通事故は、労災保険が適用されるケースとして定められている「第三者行為災害」というものに該当します。

交通事故においては、勤務時間中の移動はもちろん、通勤途中や帰宅途中の交通事故も「労災保険」を利用することができます。

自動車やバイクを運転していた場合だけでなく、自転車や徒歩で移動していた場合も該当します。

下記のようなケースでは、いずれも「労災保険」が適用されるとお考えください。

労災保険が適用されるケースの一例

  • サラリーマンが営業車で移動中に交通事故に遭った場合
  • 主婦が徒歩でパート先に出勤途中に交通事故に遭った場合
  • 配達のバイトをする学生がバイクで配達途中に交通事故に遭った場合

以上のように、労災保険は出勤退勤時間を含め、仕事中であれば使用が認められるのが通常です。

ただし、休憩時間に外出して交通事故に遭ったケースなどは、会社が労災保険の使用を認めないケースもあるようです。

仕事中の事故であるにもかかわらず、「労災保険は認められない」と会社に言われた場合は、弁護士に相談をする際に、その旨も話してみてください。

労災保険を使用したほうがいい交通事故とは?

交通事故で労災保険を使用するしないの判断は、被害者である労働者が自由に決めることができます。

しかし、「労災保険」と「自賠責保険」は、原則としてどちらか片方からしか補償を受け取ることができないため、注意が必要です。

では、どのようなケースで「労災保険」を使用したほうがいいのでしょうか?

ミスターリードが労災保険の使用をオススメするのは、次のような場合です。

労災保険を使用したほうがいいケース

  • 加害者が「自賠責保険」に未加入の場合(いわゆる「無保険」のこと)
  • 加害者が「任意保険」に未加入の場合(自賠責保険にしか加入していない)
  • 示談交渉が長期化しそうな場合
  • 加害者が自分の責任(運行供用者責任)を認めない場合
  • 自分の「過失割合」が大きい場合

もしも加害者が任意保険に未加入で自賠責保険にしか加入していない場合は、「労災保険」の使用がオススメです。

自賠責保険では、治療費や慰謝料などを合算して上限金額が120万円(傷害における補償・死亡時は異なります)と決まっています。

一方で「労災保険」なら、治療費は全額補償される上に、休業損害など別の支給も受けられます。

加害者が自賠責保険にすら未加入だった場合は、当然ですが自賠責保険の補償を受けることはできません。

また、「過失割合」などでトラブルとなって示談交渉が長期化したり、相手が責任を認めず、賠償金を請求できないような場合でも、労災保険を使用していれば、示談成立前に補償を受け取ることができます。

自分の過失割合が大きかった場合も労災保険の使用を推奨します。

これは、労災保険の場合は、過失割合に関係なく補償を受け取ることができる(過失相殺されない)ためです。

一般的に自分の過失割合が7割以上の場合が目安とされていますが、事故状況や損害の程度によるため、判断がつかないときは弁護士に相談しましょう

労災保険を利用するメリット

交通事故の被害で労災保険を利用するメリットとしては、下記が挙げられます。

労災保険を使用するメリット

  • 治療費は全額補償される
  • 「休業補償」は平均賃金の8割が補償される
  • 死亡事故の場合は、ご遺族に一時金遺族年金傷病年金障害年金が支払われる

上記でも述べたように、労災保険では治療費が全額補償されるため、安心して治療に専念することができます。

また、労災保険の休業補償は「給付基礎日額の6割」と「休業特別支給金(給付基礎日額の2割)」の計8割が支払われます。

特に、大きなケガがある場合は、任意保険から受けられる補償ほどではありませんが、自賠責保険よりはメリットがあるといえます。

意外と知られていないのですが、「休業特別支給金」は自賠責保険を利用する場合でも、労働基準監督署に申請すれば補償を受け取ることができます。

自賠責保険を選ぶ方は、休業特別支給金の申請も合わせて検討しましょう。

Mr.リードからあなたへ

交通事故被害における労災保険では、「使用すると会社に迷惑がかかる」といった理由から、使用をためらってしまう方もいるようです。

しかし、「労災」を使ったほうがいいケースで使用しないと、満足な補償を受け取ることができず、損をしてしまうかもしれません。「労災保険を使用したほうがいいのか」と迷った時は、一度弁護士に相談をしてみてください。交通事故の専門家と一緒にあなたにとって最善の判断をしていきましょう。

交通事故診断を行い、
相談する弁護士を探す

  • 当サイトは、公開前に顧問弁護士が内容をチェックし、信頼できる情報の提供に努めています。
  • 当サイトの著作権は、株式会社スタイル・エッジに帰属します。無断で複製、転載、配布などの行為を行うことは一切禁止とします。
  • 掲載している内容は、一般的に多い事象をもとに作成しています。具体的な問題解決については、弁護士などの専門家に直接お問い合わせください。ミスターリードの交通事故診断へ

このコラムが役に立ったら
いいね!してね

「いつ」「だれに」「なにを」相談すればいいかすぐわかる!

診断して頼りになるミカタを手に入れよう!かんたん1分!いますぐ交通事故診断