交通事故コラム

バイクの交通事故被害。その過失割合、本当に正しい?

「バイク」対「自動車」の交通事故は毎年多く発生しています。バイクに乗っていた被害者本人やご家族から、バイク事故による被害の問い合わせもミスターリードのもとによく届きます。
その際に多いのが、「過失割合」のご相談。バイクの交通事故では、過失割合でトラブルになるケースも多いのです。そこで、バイク事故で知っておきたい過失割合についてご説明したいと思います。

保険会社が提示する過失割合が本当に正しいとは限らない

バイクと自動車の交通事故は、お互い走行中に発生するケースが多いです。

  • 信号のない交差点での出会い頭の衝突事故
  • 前方の自動車が交差点で左折した際の巻き込み事故
  • 交差点をバイクが死角となり起こる衝突事故 など

バイクで走行中は、さまざまなシーンで交通事故の危険があります。

このような場合、バイクの運転手にも、一定の「過失」が付きます。

この過失割合を巡って「過失割合に納得できない」という被害者がたくさんいらっしゃいます。

また、重傷者や未成年の被害者に代わってご家族が保険会社とやりとりをしているケースでは、「過失割合が正しいかわからない」という声も聞きます。

ここで覚えておいていただきたいのが、「保険会社が提示する過失割合が正しいとは限らない」ということ。

保険会社から提示された過失割合を鵜呑みにしないことがまずは大事です。

その理由は、保険会社が提示する過失割合は、加害者の言い分をもとに提示されている可能性があるためです。

お互いに走行中の事故では、加害者と被害者で主張が異なるケースも多く、加害者が自分にとって有利に事故状況を説明しているとしたら、被害者に必要以上の「過失」がついてしまう可能性があるのです。

特にバイクに詳しくないご家族の場合、相手方の主張だけで「それが正しい」と思わないように注意しましょう。

過失割合に少しでも疑問を抱いたら、弁護士に相談し、「実況見分調書」や過去の判例を確認してもらうようにしましょう。

バイクと車の交通事故の過失割合の一例

ここからは、バイクと車の交通事故の過失割合を具体的にご説明していきます。

まず、バイク対自動車の交通事故の過失割合には「単車修正」という概念があります。

これは、バイクのほうが交通事故で被害を受ける可能性が高いため、過失割合は小さくなるというものです。

そのため、車同士の交通事故であれば、過失割合が50対50になるようなケースでも、バイク対車の事故の場合は、40対60となります。

より具体的な状況別の過失割合は下記の通りとなります。

交差点でのバイクと車の交通事故の過失割合の一例

交差点でバイクが右折、対向車線の車が直進の交通事故 どちらも青信号の場合 バイク20対80車
どちらも黄信号の場合 バイク30対70車
信号のない交差点の場合 バイク20対80車
交差点でバイクが右折、対向車線の車が右折の交通事故 どちらも青信号の場合 バイク60対40車
どちらも黄信号の場合 バイク50対50車
信号のない交差点の場合 バイク60対40車
信号のない交差点で左方、または右方の車との交通事故 道幅が同じで右方の車衝突した場合 バイク30対70車
道幅が同じで左方の車衝突した場合 バイク50対50車
バイク側の道路が広い場合 バイク20対80車
バイク側の道路が狭い場合 バイク60対40車
同車線の前方を走行中の車との巻き込み事故 バイク20対80車

一時停止の無視や赤信号での走行など、道路交通法の違反があった場合は、違反をしたほうの「過失」が大きくなります。

巻き込み事故の場合は、前方の車が大型の場合(+5)、左折の指示遅れ(+5)、徐行なし(+10)など、交通違反でなくても不注意と言える運転をしていた場合は、車の「過失」が大きくなります。

著しい前方不注意(+10)など、バイク側に不注意があった場合はバイクの「過失」が大きくなりますのでご注意ください。

このように、バイクと車の交通事故の過失割合は、道路状況信号の状況走行状況によって異なります。

Mr.リードからあなたへ

過失割合は最終的に受け取る賠償金額を大きく左右するため、慰謝料などの具体的な賠償金と同じように、加害者の保険会社としっかり交渉することが大切です。

「保険会社が主張する過失割合に納得できない」「子どものバイク事故を代わりに対応しているが、バイクに詳しくなくてわからない」といった悩みがある場合は、弁護士に相談をし、正しい「過失割合」を判断してもらいながら、示談交渉を進めるのがオススメですよ。

おすすめ弁護士診断から
弁護士に相談する